« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

屋根板2

最後の屋根板をそらしてます。
Img_4807


最後の一枚をはって、終了です。
Img_4809


2014年3月22日 (土)

屋根板1

貼り進めて第1のカーブクリア!
Img_4805


2014年3月21日 (金)

祝 津市場新調屋台 棟上げ

屋根ラインが決定し、野隅木を製作し、棟上完了。
Img_4801_2


そして、記念すべき屋根板一枚目取り付け。
Img_4804


2014年3月19日 (水)

水切製作

水切製作です。

Img_4659

網干型は、茅負、裏甲部分までは同じで、水切りが2段になってます。

直線部が長く、反り部が短く浅いですね。

余分な部分を慎重にカットし出来上がり。

Img_4660

Img_4662

2014年3月17日 (月)

軒下製作3

3段目の飛えん垂木の直線部の製作。

Img_4646

2段目に木負部分にセット。

Img_4647

Img_4649

そして茅負をのせます。四面終了。

Img_4650

反り部の垂木を取り付け、3段終了。

Img_4653

隅木下部加工をして、軒下は終了。

Img_4656

2014年3月15日 (土)

軒下製作2

Img_4641

2段目垂木の製作。直線部の部分です。

一段目の木負部分に取り付け。

Img_4642

2段目木負を載せて、反り部の垂木を取り付け2段目終了。

Img_4644

Img_4645

今の所、微妙に寸法は違うが1mmの許容範囲内で収まっているので良しとしますか。

このスケールでヘトヘト!本物の屋台大工はすごいな!と実感します。

あと、もう一段頑張りましょう。

明日は、津の宮か書写に行って、屋台は違うが網干型の屋台を勉強してこよかな。

2014年3月14日 (金)

軒下製作1

地垂木の直線部を製作

Img_4631

棟木に取り付け

Img_4633

木負を取り付け。

Img_4635

Img_4636

反り部の加工をして垂木を取り付けていきます。

Img_4640

2014年3月13日 (木)

着工

図面では分からない部分もあり、まだ正式契約はしておりませんが、施主様を信じて着工いたします。
ちょこっと画像がでているので、分かる方には分かるんですね。
さすが!地元の町工場さん!!
今回は網干の「津本」!
津市場の製作です.

まずは、棟木の切り出し。

Img_4626

棟木の製作。ここが狂うと皆狂う。慎重に組みました。

Img_4628_2

隅木の取り付けです。

Img_4629

この津市場屋台の水切り幅は播州屋台の中でも最大幅らしいです。

図面を書いていて実感いたしました。

今まで白浜型屋台ばかり製作しておりましたので、頭をリセットする事が必要です。

網干型は全然違います。

これから三段垂木に入っていきますが、手間も倍かかりそうです。

2014年3月 9日 (日)

準備

次回作の準備をしています。

まだ、正式に契約をしておりませんので、どこの屋台とは公表は避けておきます。

契約後すぐにかかれるよう図面を引いております。

今回は初めての3段垂木です。

Img_4625

なかなか手強そうです。

2014年3月 2日 (日)

納品

昨日、施主様へ無事納品をおえました。

施主様が、玄関に特製棚を製作されてました。

ケースが間にあってないので、とりあえず棚に直接ディスプレイさせていただきました。

Img_4614

Img_4613

そして、前にお作りした先代屋台にも再会。

玄関先を飾っていた先代は新調屋台にバトンタッチし、リビングに移動。

ライトに照らされ、ピカピカ!

大事にされてます。

Img_4623

Img_4622

施主様、こんな物も買われてました。

「七福庵」製フエルト製ミニ屋台。

Img_4621

よーくできてますな!

小さい子どもさんが、思い存分遊んでも壊れませんね。

中に太鼓も吊っていて太鼓が揺れるんですよ。

以外と祭り好きの子どもは、こういう所も見てるんです。

改良版で擬宝珠と露盤が外れるようになるかも?ついでに楼門も製作?(私の要望)

ハーンジョ ハーンジョも子ども好きなんです。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »