« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月29日 (金)

脇棒製作

脇棒の棒端金具製作。

Img_4316

脇棒の加工。

Img_4317_2

下面のR加工を済ませ、取り付け。

Img_4318

2013年11月28日 (木)

本棒製作

本棒部材も切り出しと加工を終えました。

Img_4306

組立です。

Img_4307

最後にクサビを打ち込み、ガッシリ締結!

Img_4308

棒端金具を取り付けて出来上がり。

Img_4312

泥台に組み込み、高欄も載せてみました。

やっぱり10分の1はでかいです。作業場が手狭になってきてます。

Img_4313

ミニ屋台仲間のF氏と共同購入した、伊達綱が入荷してまいりました。

とても高価なもので、共同購入でないと買えないです。F氏様お付き合い頂きありがとうございます。感謝です。

早くつけたいたいですね!

Img_4310

太さ、堅さ、この艶も最高です。施主様、いいもんできそうですよ。

2013年11月26日 (火)

棒端金具製作

本棒の製作の前に、棒端金具を製作しました。

東山の棒端金具は、本棒ピッタリのサイズではなく、若干小さめサイズになっています。

Img_4304

カンの飾り金具は、神棚用の金具で代用。本当は千成瓢箪なのですがね。

Img_4305

2013年11月24日 (日)

高欄製作2

Img_4294

下の桁(地覆)、束、真ん中の桁(平桁)を取り付け、前回製作した角柱を取り付けます。

Img_4296

オフセットされた地覆部分。

Img_4298

オフセット部分も平桁部分まで作業をすすめていきました。

一番の難関部分に突入。架木の取り付けです。

丸桁(架木)を角柱に空けておいた穴から通します。擬宝珠柱には、0,8ミリの穴を空けて、この架木の先端に真鍮棒を入れておき、この穴に挿すと出来上がりです。

Img_4299

難関突破!出来上がりました。

Img_4303

Img_4302

2013年11月22日 (金)

高欄製作1

まずは縁葛を組んで、床を貼っていきます。

Img_4289

とりあえず、台部分は出来上がり。

Img_4290

新調東山屋台は高欄掛け台の部分でオフセットしてます。

そのための部品作りです。

掛け台一体物の角柱かな?

Img_4291

切り出し、各部を細工。

Img_4292

台に擬宝珠をセット。

Img_4293

さあこれからが大変です。製作構想通りいけばいいのですが・・・

2013年11月19日 (火)

泥台製作2

脇棒受けの製作。

Img_4286

両端の切り出しに苦労しました。

部材が揃い、組立です。

Img_4283

Img_4285

Img_4287

仕上がりました。

2013年11月16日 (土)

泥台製作1

Img_4278

製作は、下廻りにうつりました。

泥台の部材を切り出し。

桁のホゾ作り。

Img_4279

失敗もあるので、余分に製作してます。

Img_4280

脚のホゾ穴や通しボルト穴の墨付け。

Img_4281

通しボルトの製作。両端のネジ切りです。

Img_4284

2013年11月 8日 (金)

露盤製作3

Img_4267

Img_4268

横面の人物が完成。

そして、廻りの波を取り付け、完成いたしました。

前面

Img_4269

後面

Img_4270

右面

Img_4271

左面

Img_4272

屋根に載せました。

Img_4274

Img_4276

ヤレヤレ  ホッと!

2013年11月 5日 (火)

露盤製作2

後ろ面の人物が完成。

Img_4261

前面以外、皆さん珠を持っておられるので、珠製作。

Img_4263

そして、珠を取り付けと、弓矢ももっておられるので製作し取り付け。

Img_4266

横面2面の下部の船を製作。

Img_4265_2

龍の船?

Img_4264

がんばろ!!

2013年11月 1日 (金)

露盤製作1

ご無沙汰してます。

先週は少々忙しく、製作の方も進んでおりませんでした。

大工仕事が気乗りしないので、露盤製作をしてみました。

Img_4255

東山露盤の前面です。

廻りの雲を取り付け、一面完成!

Img_4257

雰囲気はでたかな?

後ろ面の人物の製作。

Img_4260

一面で約1週間。時間かかります。ホーォー!

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »