« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月28日 (土)

軒下製作2

製作した地垂木を軒桁に取り付け。

Img_4030

Img_4031

この上に木負をのせていきます。

Img_4033

Img_4032

飛燕垂木作りです。

Img_4035

これを木負に取り付け。

Img_4036

この上にのせる茅負作り。

Img_4037

2013年9月27日 (金)

軒下製作1

地垂木を製作してます。

Img_4026

Img_4028

不揃いな垂木を、リューター用丸のこで切り揃えます。

Img_4029

2013年9月26日 (木)

祝 東山新調屋台製作着工

Img_4022

先日の入魂式で撮った画像から軒下の図面をひきました。

いよいよ着工です。

まずは、軒桁と隅木を製作。これが狂うとみな狂う!

精度UPと補強のため、軒桁にピンを立て、そこに隅木を挿して接着。

Img_4024

Img_4025

地垂木を取り付ける為、軒桁の上部を加工しました。

ここまで規定寸法通りで順調に進んでおります。

2013年9月22日 (日)

東山屋台入魂式

Img_3996

いいヤッサでしたね!

Img_3966

先代よりなだらかになった屋根曲線。きれいなラインです。

Img_3965

フル装備での入魂式も久しぶりです。

妻鹿なみの大きな露盤。

この露盤と狭間は、先代から一新してましたね。

前田貴史師さんが彫られたそうです。この師の彫られた人物の目付きの鋭さはすごいです。いい彫りもんです!

Img_3955

Img_3957

本番の練りは、見ものかも!!

2013年9月20日 (金)

なんじゃいのぉ瓢箪じゃ

明後日は東山入魂式ですね。

しかし天気がわるそうな。雨天の場合は順延になってますが、順延になれば、私は所用で行けない。どーするー!

現在作りたい病がでてまして、ムズムズ状態!

早速でも屋根にかかりたいが、入魂式で全容を見ないと作れない。

という事で作れるところから取り掛かかりました。

千成瓢箪!

台紙の上、中心の珠と軸?になる楊枝を取り付け。

Img_3940

お得意のビーズです。

Img_3941

余分な台紙を切り離すと正面の出来上がりです。側面は屋根ができあがってから。

Img_3943

Img_3944

試作モデルにのっけてみました。

Img_3945

直径50㎜ 10㎜、6㎜のビーズで瓢箪を作っています。

2013年9月14日 (土)

試作終了

隙間が大きい昇り総才を作る直し、なんとか屋根部分はできました。

Img_3936

まだまだ精度をあげないといけませんね!

露盤台の加工。

Img_3938

Img_3937

試作はここまで。組み方、部材の選定、詳細寸法など確認ができました。まだ昇り総才の隙間問題は解決してないけど、ラインの取り方や組み方を改良してみようとおもいます。

次は本番!さーどんな東山屋台になってるのかな?来週の入魂式が楽しみです。

Img_3939

2013年9月11日 (水)

試作6

昇り総才の製作です。

型を取ること何回やったでしょうか?

もう数えてない!いやー大変です。

Img_3929

切り出しと下側の加工です。

Img_3930

合わせてみると、隙が・・・・

Img_3931

もっと隙が・・・・・・・・・・・・・っ!

Img_3933

一番出来がよかってこれかな?

Img_3934

うーん悩みますね。

これをピッタリと合わす大工さんは、すごい!

根本、各面の屋根のラインが違うのよね。これを調整して取り付けるのは至難の技。

どっかで妥協をしないといけないのかな?

2013年9月 9日 (月)

試作5

Img_3929

野地板貼りの続きです。

最後までなんとか貼れました。

Img_3930

野地板貼りまでは、なんとかできそうです。

さあ、いよいよ山場です。昇り総才の製作です。どうするかな?

2013年9月 8日 (日)

試作4

野地板を貼っていってます。

Img_3926

試作品なので、部材は、ストックの中から目や色が悪いB級から使用しております。

第1のカーブ、無事通過!

Img_3927

2013年9月 7日 (土)

試作3

軒の製作も終わり、棟にはいりました。

ラインを決め、野隅木の製作です。

Img_3917

センター部のベニヤを挟むように、バルサを表に貼っていきました。

軒にセット。

Img_3920

野地板が貼れるようエッジだしです。

Img_3922

Img_3921

ここは、いつもの通り慎重に!

2013年9月 6日 (金)

試作2

Img_3908

反り部の垂木下地と垂木を取り付け。

Img_3907

裏甲の切り出しと縁の段差加工。

Img_3910_2

取り付けです。

Img_3911

水切り切り出しです。

Img_3914

そして、取り付けました。

Img_3916

久しぶりに、肩パンパンで、とうとう首が廻らない状態になってきました。

やっぱり檜は切るのも、削るのも力がいります。

2013年9月 2日 (月)

試作1

今回のミッションは、今年新調される東山屋台の10分の1再現モデルの製作準備です。

入魂式後の資料をそろえてからの着工となります。

試作のつづきです。

茅負を製作し、飛燕垂木の上に取り付け。

Img_3899

Img_3901

隅木加工。

Img_3902

まだまだ精度を高めないといけないな!

Img_3905

試行錯誤の毎日です。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »