« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

高欄掛製作3

3面目製作終了!

Img_2995

本体、綿入れをして縫い上げました。

Img_3000

あと1面です。がんばろ!

2013年1月30日 (水)

高欄掛製作2

2面目製作終了。

Img_2994

水引幕の刺繍を「おくむら」さんに発注してきました。出来上がりが楽しみです。

Img_3003

高欄掛本体も製作中。

布のカットです。

Img_2998

袋に縫っていきます。返し縫いという技をつかってチクチクと!

ミシンが欲しい!!

Img_2999

2013年1月29日 (火)

高欄掛製作1

高欄掛の製作に入りました。

場面のバックから。

Img_2991

フエルト、折り紙、和紙、紐を利用して貼っていきます。

1面製作終了!

Img_2992

2013年1月25日 (金)

付属品製作

まずは、下駄です。

Img_2987

続いて台車。

Img_2962

ちなみにこの駒は、ミニ4駆のローラーです。

しかし、最近はミニ4駆なんか流行ってなく模型店にも置いてないのです。

もし、このローラーが余ってたり、不要になってたりしてましたら、たかミニにまで!

Img_2963

塗装を終え、組立。

Img_2989

「台車やー、台車いれー!」

載せてみました。こんな感じです。

Img_2990

2013年1月23日 (水)

幣額製作

合い間の作業で作っていた幣額の仕上げ。

Img_2979

紙テープで御幣を作っていきます。

1セット10枚組で合計30枚。

Img_2977

Img_2978

1枚づつピンセットで折って束ねていきます。

Img_2980

出来上がった物を幣額に取り付け出来上がり。

Img_2981

屋台へ取り付け。

Img_2984

屋台本体仕事はこれにて終了!

最後の大仕事で衣装製作に入っていきます。

これから、たかミニ屋台工房衣装部、始動いたします。

2013年1月22日 (火)

総才端・擬宝珠取り付け

完成していた総才端を取り付けました。

Img_2966

塗装を終えた擬宝珠と柱を合体。

Img_2969

仮露盤バージョンのスナップ。

Img_2972

本露盤、本狭間もいれてのスナップ。

Img_2985

雰囲気でてきました!

おまけに例の収納箱のバージョンアップ。

Img_2964

透明シールにパソコンでちょこちょこして貼り付けました。

本当は、書いたほうが断然リアルですが、字は下手糞なので、これで勘弁してください。

シールついでに、仮狭間に彫れなかった文字も貼っておきました。

Img_2988

2013年1月20日 (日)

紋取り付け

本塗装を終えた梅鉢紋。

Img_2919

今回、採用した塗料は「メッキ感覚」というスプレーです。

Img_2920

輝きもいいし、手にもつかない。仕上がりはとてもいいです。

しかし、初めて使ったので塗りに苦労しました。

厚めに塗りすぎて、垂れを生ずるとややこしくなります。

垂れの部分が、いつまでも乾燥しなく修正するのにとても苦労しました。

厚塗りは厳禁です。遠めから薄く重ね塗りをした方がいいとおもいます。

早速取り付けました。

Img_2957

出来上がった露盤と狭間と一緒に。

Img_2959

2013年1月19日 (土)

狭間製作2

2面目完了です。

Img_2951

3面目完了。

Img_2952

そして4面目完了。

Img_2953

狭間製作終了!

Img_2954

またまた、こんな物も作っておきました。

Img_2955

これ、意外と手間がかかります。屋台完成後に作ったらいいのにね。気になりだしたら作らずにはいられないのが、私の性格です。

施主様、申し訳ありません。ラストスパートかけていきます!

2013年1月17日 (木)

狭間製作1

彫刻物が続きます。つづいて狭間です。

まずは枠となる幹部分4面の製作。

Img_2946

サイズは約20㎜×50㎜。どれだけ雰囲気がでるか?

中の人物等からいれていきます。

Img_2948

とりあえず1面目出来上がりました。1面2日掛かってます。

Img_2950

屋台にいれてみました。

Img_2949

2013年1月15日 (火)

露盤製作2

4面出来上がりました。

Img_2933

屋根に載せてみました。

Img_2934

Img_2935

製作の箸休めにこんな物も製作しました。

Img_2936

露盤収納箱です。

この屋台は仮露盤・狭間で出庫いたしますので、本露盤を裸でお渡しするのも失礼ですので作ってみました。

このようにお飾りいただいてもいいかな?

Img_2938

やっぱり上部に文字をいれておかないといけないかな?

2013年1月14日 (月)

露盤製作1

露盤製作にはいりました。

まずは4面の背面の木のから。

Img_2928

4面の人物をいれていきます。

Img_2929

枝や葉を散りばめていきます。

Img_2931

先日、ミニ屋台仲間の気分屋大工さんが新作を持ってご訪問頂きました。

「妻鹿屋台」です。

Img_2939

どうです。素晴らしい出来栄えでしょ!

Img_2941

10分の1スケール。でかっ!

綺麗ですね!

Img_2942

Img_2945

気分屋大工さんも、最近ブログを開設されました。

「気分屋大工のミニ屋台楽園」 検索してみてください。

いつかは、挑戦しますよ!大屋台!!

2013年1月 9日 (水)

組立

これからの仕事の為、組立をしておきます。

まずは、屋根鏡に紋取り付けの紋木を取り付けておきます。

Img_2915

次に、高欄をクサビで固定。

Img_2922

つづいて、泥台側の弦の綱を通します。

Img_2923

Img_2924

太鼓を吊ります。

Img_2925

そして屋根をドッキング。弦の綱でひっぱて締めていきます。

Img_2926

弦の綱に化粧巻きを施します。

Img_2927

本棒、脇棒、高欄には、日焼けや傷防止のため養生しておきました。

2013年1月 8日 (火)

総才端製作4

Img_2903

総才端正面の仕上げ。

中心の「旧上英加町」のシール作り。

Img_2902

印刷後、本体に貼り付けました。

Img_2914

梅鉢紋、竹虎の置き金具の取り付け。

Img_2917

そして側面に飛龍、波を取り付け。

Img_2918

片側に尾に剣を持たせ、羽に赤色彩色を施せば出来上がりです。

合い間の幣額製作中。文字はシールを貼り付け。

Img_2921

2013年1月 4日 (金)

擬宝珠製作2・梅鉢紋製作4

擬宝珠サーフェース塗装後の修正。

傷跡や歪なところをパテで整形中。

Img_2865

梅鉢紋も幾度のパテ整形を繰り返し。

Img_2866

屋根のライン合わせ、最終調整加工。

Img_2867

この2点、灰色荒めサーフェースから細目白色サーフェースを塗装後、本塗りをしていきます。

またメッキ調スプレーかな?

なんとかこのスプレーから脱却したい!

一寸、模型屋さんを覗いてみようかな?

塗料メーカーさん、長年経ってもピカピカ、手につかない塗料を開発して下さい!

2013年1月 3日 (木)

総才端製作3

横の散らし金具の製作です。

0,1mmの真鍮板に飛龍の胴体、顔、羽を罫書き。

Img_2892

裏面から押し出し彫り。

Img_2894

切り出し。

Img_2896

各パーツを半田付け。

Img_2897

出来上がりました。

Img_2898

これを、洗剤でフラックスを完全に洗いながし、金属磨きのピカールで磨き、トップコートクリアを塗っておきます。

2013年1月 2日 (水)

総才端製作2

出来上がった地にアルミテープを貼っていきます。

Img_2885

貼り終えたものに飾り彫りをして金具の出来上がり。

Img_2886

合い間の作業で、弦の綱の染めをしました。

一寸したこだわりです。

Img_1428

脇棒受けの前のロープの色に注目!あの色に染めたい。

綿ロープをコーヒーに漬けておけばどうかな?

Img_2890

Img_2891

漬けていても、染まらない!煮出しました。

Img_2893

まあまあの色に仕上がりました!

Img_2901

2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます・総才端製作1

あけましておめでとうございます。

今年も、たかミニ屋台工房、よろしくお願いいたします。

さて年末は↓の任務遂行の為、更新が滞ってました。

Img_2881

これが、御神燈やったらいいのにな。

屋台製作は順調に進んでいます。

総才端の製作です。

本体の地を紙で作っていきます。

Img_2874

Img_2875

Img_2876

Img_2877

Img_2879

Img_2880

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »