« 棒端金具製作2・太鼓製作1 | トップページ | 梅鉢紋製作2 »

2012年12月20日 (木)

梅鉢紋製作1

年内には形をつけときたいもの。やっぱり一番手間隙がかかる梅鉢紋を片付けたい。

製作にとりかかりました。

4面梅鉢。全パーツ約165個で各パーツ一つづつ加工が必要です。

いろいろ考えても前に進まない。ひとつづつ作っていこう!

梅鉢の各部名称はわかりません。

中心の珠部、それから5本の足がでていて、その足に連結している廻りの5つの珠、その間の剣。

まずは中心の珠。

8㎜のパイプを切り出します。

Img_2822

今回のニューウェポン登場!

パイプカッターです。以前は苦労して罫書いてカッターで切り出してましたが、これは寸法を一寸印を書き、そこに刃を当ててぐるりと本体をまわせば罫書きができます。

銅パイプだと刃をねじ込んでいくとそのまま切れるのですが、プラ管の為、柔らかいのでねじ込むとパイプ自体凹んでしまって、切れるまではいきせん。でも深い溝ができるので後からカッターを入れれば簡単に垂直に切れます。

正確、労力半減、時間短縮です!

切り出したのものに5つの足がつくように溝カット。

Img_2823

またここでスーパーウェポン登場。2mm幅のマスキングテープ。

足幅は2mmなのでパイプの廻り等間隔に5枚を貼っていく。それにそってカッターで刻んでいきます。

その足を製作中。2mm角のプラ棒を様々な寸法にカット。それを組合わせます。

Img_2824

できあがった足です。

Img_2825

これを先ほどの中心パイプに取り付け。

Img_2826

« 棒端金具製作2・太鼓製作1 | トップページ | 梅鉢紋製作2 »

ミニ屋台製作記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499943/48402078

この記事へのトラックバック一覧です: 梅鉢紋製作1:

« 棒端金具製作2・太鼓製作1 | トップページ | 梅鉢紋製作2 »