« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

垂木製作2

垂木貼り終えました。

Img_0221

天井もいれました。

私のリサーチミスで、中村屋台格子天井仕様になってしまいました。

施主さま、申し訳ありませんでした。

Img_0223

現在、屋根したの枡組み・井筒の図面を書いてます。

Img_0224

なんか見えにくい!日増しに老眼?がひどくなってきたような・・・・

2012年2月27日 (月)

垂木製作1

垂木(天井格子部材も含む)本数、約290本を切り出し終了。

↑数えながらきりだしてませんが・・・・

垂木を取り付けてます。

まず、センターや加工が必要なところを攻めていきます。

Img_0219

Img_0220

2012年2月24日 (金)

軒下廻り製作2 隅木仕上~軒桁製作

軒桁を製作し取り付け。隅木の下端を仕上げました。

Img_0217

後は垂木をつけるだけとなりました。

Img_0216

垂木にする1,5㎜角部材です。これは、なか先輩の貴重な部材ストックから分けて頂いたものです。助かりました!

現在、1本1本切りそろえてます。忍耐です。

Img_0218

2012年2月22日 (水)

軒下廻り製作 隅木

屋根板を貼り終え軒下の製作にはいりました。

隅木の製作です。

隅木の切り出し、加工。弦の綱用ロープカンを取り付け。Img_0203

ロープカンはキートンは使いません。割りピン仕様でしっかり紐でひっぱれます。

Img_0204

屋根裏(軒下)に取り付けました。

飛燕垂木、地垂木の地を製作。

Img_0215

2012年2月21日 (火)

屋根板貼り終了

Img_0200

最終反りが入ってくる屋根板を貼り終了。このあと滑らかに曲線を出す為、削っていきます。

続いて露盤台の加工中。

Img_0201

Img_0202

これから軒下廻りの製作に入っていきます。

今回、垂木を1.5㎜にしたくて、あらゆるホームセンターを捜すがない・・・・

しかし持つべきものは友です。ミニ屋台仲間です!

なか先輩に連絡したら、持っているとの事!!頂けることになりました。

感謝です!なか先輩、ありがとうございます!

先日もミニ屋台仲間のO氏様から、茶金の伊達綱用ロープを譲っていただきました。

これまた感謝です。0氏様、ありがとうございます!

いいですね!ミニ屋台仲間!!

2012年2月18日 (土)

屋根板貼り3

作業が進み、やっとここまで!

Img_0196

瞬間接着剤でつけていきますので、貼りなおしはききません。

1枚1枚が一発勝負です。

2012年2月17日 (金)

屋根板貼り2

Img_0195

1面4枚×4面、16枚で約2時間!暇かかります。

サイズを測るディバイダー、最高にきれるカッター、ペーパーは必需品。

カッターの刃は4枚分切ったら折って新刃にします。

部材も切りすぎたり、削りすぎたりしたら処分します。部材、カッターの刃を贅沢に使います。妥協はしません!

2012年2月16日 (木)

屋根板貼り1

屋根板の部材を切り出し。

2mm厚のバルサを6mmにカット。

Img_0193

まっすぐ切る事が必須条件です。中型カッター薄刃が役立ちます。

屋根地に貼っていきます。あわせては削りの繰り返しです。

Img_0194

2012年2月15日 (水)

昇総才製作

屋根下地が出来て、次の作業です。

昇総才の型をとっていきます。

Img_0189

上が前回製作した清水屋台の型、下が中村屋台の型です。

屋根が高い分、ラインが随分ちがいます。

型を基に、部材を切り出し。

厚みは7mm。側面を2mm中を3mmの3分割で製作していきます。

中の幅を側面より小さくし側面に足をつけるように加工していきます。

Img_0190

組みあがった昇総才。屋根の角に密着させるため足のつけた下面をVカットに削っていきます。

本当は屋根板を貼ったあとで昇総才を取り付けるのですが、先に取り付けるのがたかミニ流です。

Img_0191

Img_0192

これから屋根板を入れて(貼って)いきます。地道な作業が始まります。屋根造りの大きな山場に突入です!

何日でクリアできるのかな?

2012年2月14日 (火)

水切り製作2~屋根地製作

切り出し終了。

取り付けました。

Img_0186

厚みや仕上げなど、ペーパーをかけて終了。

屋根板を貼るため、地垂木の代わりに厚紙を貼ります。

Img_0187

2012年2月13日 (月)

水切り製作1

水切りライン決定。

型を起こしました。

Img_0184

前回製作した飾磨清水屋台より反りは緩やかです。ちなみに柱芯60㎜です。

型を当て部材に墨入れ、切り出しにかかりました。

Img_0185

1mm、2mmのバルサなので先端部が欠ける! 

ハイ、やり直し!トホホ・・・

2012年2月10日 (金)

棟上げ

野隅木をカット。

久しぶりに糸鋸を使い、使い慣れる頃には終了。

少々ガタガタをヤスリで修正。そして組みました。

Img_0180

このままでは、屋根板は貼れませんので加工にはいります。

まずは、センター出し。

Img_0181

エッジをたてていきます。

Img_0183

先月、なか先輩の製作された新作屋台を見せて頂きました。

「妻鹿屋台」(O氏様所有)

Img_0165

素晴らしい出来です。妻鹿やん!

Img_0170

うしろの幟は、所有者のO氏が製作。2本セットです。(すいませんアップ画がありませんでした)

泥台です。

Img_0171

妻鹿やん!

そして、我が松原屋台との練り合わせです。

Img_0173

Img_0175

なか先輩、O氏様ありがとうございました。

2012年2月 9日 (木)

祝!中村屋台製作

開店休業中だったわが工房に仕事が舞い込んできました!

K氏様より、中村白木屋台の製作依頼がありました。

K氏様、ありがとうございます。

ということで、早速取り掛かります。

まずは、屋根ライン、水切りラインの検討から!

Img_0179

写真を実物大に拡大し、水切りラインを落書き。

屋根高さ、屋根ラインを考察中。

Img_0178

中村屋台は、屋根が高いのよね。また立っていてなんとも言えない丸み。

宮本棟梁の独特なラインですな!

そして、屋根ライン(野隅木ライン)決定いたしました。

Img_0176

参考に以前作った東山屋台の型とくらべてみよう。

Img_0177

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »