« King of 鉄板!その1 | トップページ | King of 鉄板!その3 »

2011年12月20日 (火)

King of 鉄板 その2

いよいよ、宮入!

店内突入です。

テーブルに座り、準備万端です。

とりあえず、乾杯やな!と交渉委員がおもむろに店内の冷蔵庫から「アサヒ」大瓶ビールと冷えたコップを取り、注ぐ。

ここは常連になると、冷蔵庫から勝手にビールを取り、飲む事を許されるらしい。

とりあえず、「乾杯」すると同時に「ズリ」「ゲソ」の炒めが運ばれてきた。

交渉委員が店待ちの時に、オーダーしておいてくれたものです。

しかし、店内突入の時には、まだ焼いている様子はなかったが、入ったと同時におばちゃんが絶妙なタイミングで焼いた感じです。

あっという間に焼ける薪鉄板やな!

Img_0097

では、頂きます。

プリプリのコリコリやん。絶妙な塩梅とほのかなにんにくの香り。

3人揃って「んまぁー」 やて! そして笑い!うまいもん食べたら笑ってしまう。

Img_0098

また、ビールがよくあうよな。あっという間に完食。ビールも2本目突入!

「次、なにしょ?」とおばちゃん。

Img_0099

祭典委員長と交渉委員が間髪いれず「ちゃんぽんヤキソバ2人前!」

「あいよ!」

待ち時間5分ほどででてきた。テーブルの鉄板におかれた「ちゃんぽんヤキソバ」。

Img_0100

なんとも、ソースのいい香り。道中いや朝から口の中がソースの私はテンション最高潮!

頂きます!

無茶うまっ!!!

程よい堅さのメンと絶妙ソースが合い間って最高です。

姫路でチャンポンと言えば、そばとうどんが一緒のものだが、ここでは具材の海老、イカ、たこをチャンポンというらしい。

具材もプリプリのコリコリでうまい。

またまた、あっという間に完食。ビールもすすむすすむ。

ここのソースもんは間違いないと確信しました。   次回に続く!

« King of 鉄板!その1 | トップページ | King of 鉄板!その3 »

ウダウダ話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499943/43449931

この記事へのトラックバック一覧です: King of 鉄板 その2:

« King of 鉄板!その1 | トップページ | King of 鉄板!その3 »