« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

King of 鉄板!完結

年末はバタバタで、更新できませんね。

今年も終わってしまいます。毎年、一年が早く感じます。  

さて、いよいよ和田岬 「高砂」での本丸を頂きます。

姫路常連お二人がここに来たらかならず頼む品。

「チャンポンモダン焼き」

Img_0104

生地がふわっと。味はそばにソースで味付けされてしっかりして、無茶苦茶うまい!

鉄板に置いておいても生地が堅くならず、いつまでもふわっとしてます。

これぞ、おばちゃんの腕、薪鉄板!

腹一杯ですが、もう一品を食べることにした。

「貝焼き」

Img_0105_2

シンプルなお好み焼きで具が貝なのです。

やはり生地がふわっとして、ホンジョ貝がプリプリのコリコリで、3人とも「ウマッ!」

腹一杯やけど、食べれてしまう。

いやー、参りました!

最高の粉もん、ソースもんでした。堪能しました!

祭典委員長が、最後の最後にオーダーしたものです。

Img_0106

「パレード」というジュース!これは飲んだことがない。

では、頂きます。

3人「んっ?」「これ何味?」

おばちゃんA 「アップル水やん」

3人「エー?」

おばちゃんB「みかん水やで」

3人「????」

うーん何味やねん

おばちゃんA「これを、ラムネで割ったらええねん」

ラムネ注入!

3人「うーん?」

不思議な味でした!

Img_0108

Img_0107

和田岬、お好み「高砂」最高でした。

また、行きます。

では、皆さんよいお年を!!

2011年12月21日 (水)

King of 鉄板!その3

祭典委員長と交渉委員が、ここに来たらこれとオーダーされたもの。

Img_0102

メニューにはない裏メニュー「左巻き」?(姫路常連客の呼び名)

おばちゃんは「右巻きやがな!」と?

おもろい掛け合いやな!

これは、正式名「すじ巻き」やって。

Img_0103

この店の味のベースであるすじを炊いたものを玉子でくるんだものです。

では、早速!

甘くもなく辛くもなくええ感じで炊かれたすじと、半熟フワフワに焼かれた玉子、アクセントのねぎがきいて絶品のハーモニー!

「んまぁー!」またビールと無茶合うやん。エエあてになる。

またまたあっという間に完食です。ビールも完飲(何本飲むねん!)

では、いよいよ粉もんの本丸に突入していきます。    次回にまだまだ続く!

2011年12月20日 (火)

King of 鉄板 その2

いよいよ、宮入!

店内突入です。

テーブルに座り、準備万端です。

とりあえず、乾杯やな!と交渉委員がおもむろに店内の冷蔵庫から「アサヒ」大瓶ビールと冷えたコップを取り、注ぐ。

ここは常連になると、冷蔵庫から勝手にビールを取り、飲む事を許されるらしい。

とりあえず、「乾杯」すると同時に「ズリ」「ゲソ」の炒めが運ばれてきた。

交渉委員が店待ちの時に、オーダーしておいてくれたものです。

しかし、店内突入の時には、まだ焼いている様子はなかったが、入ったと同時におばちゃんが絶妙なタイミングで焼いた感じです。

あっという間に焼ける薪鉄板やな!

Img_0097

では、頂きます。

プリプリのコリコリやん。絶妙な塩梅とほのかなにんにくの香り。

3人揃って「んまぁー」 やて! そして笑い!うまいもん食べたら笑ってしまう。

Img_0098

また、ビールがよくあうよな。あっという間に完食。ビールも2本目突入!

「次、なにしょ?」とおばちゃん。

Img_0099

祭典委員長と交渉委員が間髪いれず「ちゃんぽんヤキソバ2人前!」

「あいよ!」

待ち時間5分ほどででてきた。テーブルの鉄板におかれた「ちゃんぽんヤキソバ」。

Img_0100

なんとも、ソースのいい香り。道中いや朝から口の中がソースの私はテンション最高潮!

頂きます!

無茶うまっ!!!

程よい堅さのメンと絶妙ソースが合い間って最高です。

姫路でチャンポンと言えば、そばとうどんが一緒のものだが、ここでは具材の海老、イカ、たこをチャンポンというらしい。

具材もプリプリのコリコリでうまい。

またまた、あっという間に完食。ビールもすすむすすむ。

ここのソースもんは間違いないと確信しました。   次回に続く!

2011年12月19日 (月)

King of 鉄板!その1

以前より、気になっていたお好み焼き屋さん。

天マ屋さん社長、建装○ちゃんはここの常連?

このお2人は、このお店をKing of 鉄板だ!と絶賛するのだ。

念願かなって、昨日ご一緒させて頂きました。

場所は、なんと神戸和田岬にあるという。

電車賃を使って行く価値はあるのだろうか?いや、2人が口揃えていうのだから間違いはないかな?と頭がグルグル。

テンション上げるため、1週間はソースもんを絶って、当日を迎える。

もう、当日朝から口の中がソース!

テンション上げ上げで、神戸和田岬へ練り上げました!

道中風景!

Img_0092

和田岬の町中を堂々いく播州姫路旅姿3人衆!

お昼過ぎの和田岬は、なんだか静かです。

そうこうしてる内に、お好み焼き屋へ到着!

Img_0093

店の名は、お好み焼き「高砂」

ここが、絶品お好みを出すところだ!

まずは、交渉委員○ちゃんが中の状況を確認。まだ店の中はお客で満員らしい。

「もう少し待機!」ということで、店の前ではやる気持ち押さえ(わしだけか!)3人は腰を据えた。

なんでもこの店の鉄板の火力は薪だそうだ!うーんレトロだ!

Img_0094

このように、店の前には薪がほしてあるのだ。

店の横には、煙突が2本。

Img_0095

店からはソースの香りがプーンと漂って、もうたまらん!

30分ほど待った時、4人のお客さんが満足げにでてこられました。

さーいくで!あげんかい!のテンション。ヤッサ本棒を左右揺さぶって屋根が伊達綱が揺れてる状態。

中のおばちゃんが「お待たせしました!」と交渉委員に。「よっしゃ、いこかー!」

さあ、いくどー!       次回へ続く。

2011年12月18日 (日)

これぞB1

放置してます!

そうネタがないのです。仕事ください!

指先がなまらないように、工房でこんなミニチュアを作ってます。

末娘は、弓道部ということで必勝祈願ミニ弓です。

試作品です。

Img_0076

竹を削り倒し、ろうそくの火であぶりこの様に曲げました。

色塗り、籐巻き、弦を張り完成となります。

合い間にこんなことも。

いつかは作ってみたい約10分の1の屋台の図面!

軒廻り、垂木割り図面です。

Img_0079

まだまだ考慮の余地ありです。煮詰まって頭がポンです。着工はいつになるのやら!

頭を冷やすのは、これに限る。はまってます!

Img_0082

左のキンミヤ焼酎が手にはいりました。

キンミヤには、この中央のホッピーで割るのが一番!

3冷は鉄則。焼酎、ホッピー、ジョッキをキンキンに冷しておくのです。

そして、焼酎をジョッキの3分の1入れて、そこへホッピーを一気にそそぐ。

Img_0083

グビー! うっまぁぁー!

ビールがヘビーになった時は、これオススメです。東京下町の大衆居酒屋では、モツ煮とこのホッピーが愛されてます。

ホッピーを割るのは、どこの甲類の焼酎でいいのですがやっぱりこのキンミヤが絶対おすすめです。

しかし、このキンミヤは三重県で作られているのですが、なぜか関西にはあまり流通してなく、ほとんど関東にいっているのではないかな。今回、所用で名古屋にいった嫁にたのんで買ってきてもらいました。

芋、麦焼酎のようにロック、水割りで飲むようなものではないです。チュウハイ(サワー)、ウーロンハイ、緑茶割りにはピッタリの甲類の焼酎です。

レモンサワー

Img_0084

お茶割り

Img_0085

酒のB1があれば、上位に必ず入ります。

この夜は、飲みすぎてベロベロでしたが、次の日はすっきり!恐るべしキンミヤ!!

2011年12月 4日 (日)

ミニ屋台仲間

当工房に、ミニ屋台製作者が最近よく訪問されます!

昨日は、初めてなかさんが訪問されました。

なかさんは、中学時代からミニ屋台を作られておられるそうで、私にとっては大先輩になります。

なか先輩が、製作された飾磨東堀屋台を見せて頂きました。

屋根は、紙製で、金具や金箔部分はチョコレート包み紙を加工され製作されてます。

紙製とは思わない質感、色目です。とてもリアル!

Img_0037

Img_0038

Img_0044

Img_0040

私のものと同スケールのものなので、灘と飾磨のコラボ!

Img_0048

播州の祭りでは、ありえない姿。東掘と松原!

お父さん的ミニ屋台を所有されている木谷さんも訪問されお父さん東堀屋台とのコラボ!

Img_0034

半日、苦労話、製作方法、祭り話等、非常に楽しい話ができました!

このブログを通して、町工場さんや遊輝さん製作者さんにもめぐりあいました。

ミニ屋台製作者は、まだまだいるはず!もっともっとお知り合いになりたいな!

どうぞ、わたしのブログを見て頂いてる製作者の方はコメント下さい。また一度当工房に遊びにきて下さい。屋台見せて下さい。様々な技を教えて下さい。ぜひ会いたい!

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »