« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月20日 (木)

B級スナップ3

八家屋台の金具。

今年再メッキを施されたようです。

Img_1694

Img_1695

Img_1697

今年は元気なかったような。

Img_1726

Img_1831

2011年10月19日 (水)

B級スナップ2

道中が長い、八家と木場の台車を運搬する台車です。

Img_1781

八家には、幟用の台車もあります。

Img_1648

木場は、港町なのかオールステン使用?

宮入前の花やの角で待つ木場。

Img_1647

幟はいつもココに立てかけます。

楼門に向け、角度を変える木場!私、この場面が結構好きです。

Img_1664

2011年10月18日 (火)

灘祭り2011 B級スナップ画像1

灘祭り本宮で撮った画像です。

宮入風景とか練り合わせ風景は、他のブログでも素晴らしいアングルでUPされているので、そちらを見て頂いて、わたしのちょっとマニアチックな画像をどうぞ!

Img_1616

宮へ向かう道中、中村御蔵前で台車に載せたままヤーサをする東山!

Img_1637

以外と東山の宮入を知らない方がいるみたいです。

他村の宮入は、通常前を突っ込んで終わりですが、東山は前をやった後、きりりと回して後ろも突っ込みます。宮へはいって拝殿前でも前後やります。

東山の宮入は、いつも定刻より30分は早いです。来年見たい方は30分前にはお宮に!

Img_1693

今年、東山のスーパーウェポン!幕を照らすスポットライトです。

電飾は棟廻り、狭間の豆球、LEDなどは定番ですが、棟の下の幕を照らすのは以外となかったのではないでしょうか。

Img_1691

東山電飾用のバッテリー取り付けが変わってました。前後脇棒受けのセンターに据えてました。一部脇棒受けを刳っているのが気になるのは私だけかな?

Img_1845

久しぶりです。東山と八家の差し合わせです。

Img_1844

2011年10月17日 (月)

祝 清水屋台完成

今年の灘祭りも終わってしまいましたね。今年はいい祭りでした。その模様はまたに!

さて屋台製作最終章。

衣装類の取り付けです。

幕。

Img_1544

伊達綱。

Img_1547

高欄掛け。

Img_1548

最後に狭間をいれ、完成いたしました。

Img_1551

ついに完成いたしました。

Img_1554

本幟と。

Img_1560

Img_1584

Img_1585

Img_1587

そして、着手から2ヶ月、本日施主様のお納めさせて頂きました。

施主様も、大変喜んで頂きホッとしております。

2011年10月15日 (土)

高欄掛け製作終了~幕仕立て

灘祭り本宮順延! 

お陰で作業がはかどりました。

高欄掛け本体の仕立て終了。

Img_1340

場面の製作も終了し、合体!

Img_1342

棒端綱の製作もしておきました。

Img_1529

幕の刺繍もできあがってきました。

Img_1534

「おくむら」さん、ありがとうございました。

そして、仕立て、チチを製作。

Img_1538

清水の幕は、チチ部に梅鉢紋が刺繍してある。これをアイロンプリントで再現し各チチに貼り付けました。

これで全衣装製作終了です。

Img_1539

あとは、屋台に取り付け製作終了となります。

清水の龍さん、長い事お待たせしました。あともう少しでできあがります!

2011年10月13日 (木)

伊達綱製作終了~高欄掛け製作

灘祭り、前夜祭にいっておりました。

今夜の木場は、とんでもないぐらい太鼓が鳴ってましたよ。鳥肌もんでした。

Img_1580

なんか明日・明後日と天気が悪そうですね。なんとか雨もってくれないかな!

さて、製作記です。

伊達綱に金糸をいれ、房を取り付け完成。

Img_1528

房は取り付ける前に、上下散発します。

当工房唯一の外注、幕の刺繍を白浜「おくむら」に発注してきました。

Img_1337

高欄掛けの製作に入っています。

4面「川中島の合戦」の場面です。金紙・千代紙・紐を駆使し貼り絵風に仕上げていきます。

Img_1341

合い間の高欄掛け本体の裁断作業です。

Img_1336

作業ピッチがあがってます。

2011年10月11日 (火)

伊達綱製作1

伊達綱の製作にはいりました。

かぶら(房)、本綱を染めました。

染め粉の選択ミスで濃い緑に染まってしまい、脱色にチャレンジしたが色が薄くなるだけで全く色違い。

新たにかぶらを購入し、染め粉を変えて染めました。

Img_1522

上部が失敗作です。

いい感じに染まりました。

2011年10月 8日 (土)

狭間製作終了

狭間製作終了しました。

正面:賤嶽の合戦・佐久間玄審本陣乱入の場

Img_1332

左面:布引四段目・小櫻責めの場

Img_1333

右面:櫻井之驛・楠公父子決別の場

Img_1334

後面:後醍醐天皇・村上義輝錦旗取返の場

Img_1335

次からいよいよ大詰め、衣装の製作にはいります。

2011年10月 7日 (金)

狭間製作1

あっという間に10月祭り月。そして明日から飾磨の祭り。

祭りまでに、この屋台を完成させる予定でしたが、間にあいませんでした。

清水の龍さん、誠に申し訳ありません。もう暫くお待ち下さい。

さて、本題に。

狭間を彫っています。

Img_1331

4面の内側を製作しております。

Img_1588

Img_1638

恵美酒の皆さん、明日はいい天気みたいです。いい祭りが出来ますように!

2011年10月 6日 (木)

総才端製作3

打ち出して、切り出した龍の胴体。

Img_1314

そして、羽と合体。半田付け。

Img_1318

出来上がりです。

Img_1319

総才本体に取り付け、早速屋台に。

ドン!

Img_1322

Img_1330

Img_1326

Img_1328

Img_1327

2011年10月 5日 (水)

総才端製作2

総才端の散らし金具の製作です。

まず正面部から。

Img_1315

上部の梅鉢と下部の虎。

虎のつもりです!雰囲気です!

取り付けました。

Img_1321

「旧上英加町」は金具打ち出しでは無理。パソコンでシールを製作し貼り付けです。

薄い色と濃い色の2枚を作り、微妙にずらして貼って陰影をつけ浮き上がって見えるように細工しておきました。

側面の飛龍の製作。

図案をトレース紙に書きました。

Img_1317

コレを材料に写し書きします。

Img_1316

裏から打ち出していきます。

Img_1311

Img_1313

2011年10月 4日 (火)

鏡製作終了・総才端製作1

鏡製作終了!

取り付けました。

Img_1309_2

大工仕事、これにて終了。

これから、金具屋奮闘記になります。

総才端の製作にはいりました。

Img_1299_2

Img_1300_2

Img_1302

Img_1303

総才端本体製作完了。

2011年10月 3日 (月)

紋取り付け

紋と擬宝珠の塗装完成。

早速、屋台に取り付けました。

屋台がグッと締まる瞬間です。

まずは、露盤を取り付け、擬宝珠をさします。

Img_1290

そして、紋を取り付けて、ドーン!

Img_1293

引いてドーン!

Img_1296

もひとつ、この角度からドーン!

Img_1297

高欄で大工仕事終わりと思いきや、肝心の鏡の製作をしなければ!

Img_1292

Img_1298

Img_1301

現在、御幣を折ってます。幅は2mmです。子供ぐらいの手が欲しい。

Img_1307

2011年10月 2日 (日)

高欄製作終了

高欄掛け台を取り付け。

Img_1289

合い間の、紋・擬宝珠塗装。

Img_1275

Img_1278

2011年10月 1日 (土)

高欄製作3

昨日の総才端の件、町工場さん、清水のおっさんさん情報提供ありがとうございました。

竹に虎です!

そして、施主様からも貴重な画像を送っていただきました。ありがとうございます。

問題解決しました。

F1000001

画像は横に向いてますが、こんな感じです。

バックに銀の竹に、金の虎です。

さて、5ミリ角にどう再現しようかな?金具屋おおいに悩みます。

高欄を組む前に、弦の綱と化粧帯を施しておきました。

Img_1280

Img_1281

男柱を建てました。

Img_1283

各切り出した部品を取り付け出来上がり。

Img_1286

Img_1287

Img_1288

残るは、高欄掛け台のみ。大工仕事もようやく終わりです。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »