« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

高欄製作2

高欄部品切り出し・加工。

Img_1272

切り出し・加工終了!

Img_1273

と思いきや、下段の桁の数が一面7個。なぜか5個の思い違いのため、追加作業になりました。

組み付ける前でよかった!

さて、皆様、情報提供を何卒お願いします!

Img_1613

総才端正面に注目です。

上から梅鉢紋、中に「旧上英加町」、下の紋(伊達綱側)は何?

お教えください!!

2011年9月29日 (木)

露盤製作終了

露盤、仕上がりました。

正面 神武天皇

Img_1255

後面 大国主命

Img_1257

左面 伊弉諾尊・伊弉冉尊

Img_1256

右面 應神天皇・神功皇后

Img_1254

2011年9月28日 (水)

高欄製作1

高欄部材の切り出し・加工です。

まずは男柱の切り出しと、ホゾ加工。ちなみにホゾは爪楊枝です。

Img_1265

先に付く擬宝珠の製作。

これをこの様に分解し、金ノコで切って先だけを使用。

Img_1266

Img_1267

これを男柱に接着。

Img_1268

アルミテープでちょっと細工して出来上がり。

Img_1269

2011年9月27日 (火)

露盤製作1

金具屋から彫師に!

露盤製作に取り掛かりました。

Img_1251

Img_1250_2

合い間に、こんな物も製作しました。

擬宝珠の下につく取り付け棒?下部を割っておきました。

Img_1264

2011年9月26日 (月)

擬宝珠製作

せっせと金具屋仕事です。

擬宝珠作りです。

清水屋台の擬宝珠は一寸変わってます。

Img_1612

上の珠、真ん中の鼓、下の鉢の3つから構成される擬宝珠。

清水の変わってる部分は、下の鉢が3段になってます。このようになっているのは清水だけのような・・・

では製作にはいります。

珠は8mmのビーズで上部をパテ盛。中の鼓は模型屋にあったノズルパーツを2個接着しヤスリで整形した物。鉢の2段盛も模型屋にあったパーツをくみあわせました。それを串刺しにしました。

Img_1259

Img_1258

そして上部珠を整形し、鉢もビーズ?ボタン?を加工し合体。

Img_1260

サフ掛け。

Img_1261

前回製作した梅鉢紋もサフ掛け。

Img_1249

因みにサフは500番。仕上げに1000番を吹く予定です。

2011年9月24日 (土)

梅鉢紋製作3

胴部分が仕上がりました。

Img_1235

頭部分の部材作りです。当工房にはなくてはならない素材です。

10㎜木ビーズ玉を2つに割っていきます。

このビーズ玉、硬っ!

久しぶりに、指先をカッターでぶっさりとやっちゃいました。

ご安全に!

Img_1237

頭を接着し終了。ついでに傷口も接着しておきました。

Img_1239

やっと、でけたー!なかなか梅鉢紋、手強かったです!

2011年9月23日 (金)

梅鉢紋製作2

切り出した剣の取り付け。

Img_1228

5つの丸胴に足が入る切り込みの加工。幅2mm深さ4mmです。

Img_1233_2

屋根に沿うように底面の細工。画像は上部露盤側。下部水切り側は逆のカットになります。

Img_1234

各丸胴を足に取り付け。

Img_1232 

側面から見ると、こんな感じ。

Img_1236

2011年9月22日 (木)

梅鉢紋製作1

各部の名前がわからないので、解説が難しい。

まず、頭と胴とわけ製作する事にしました。

中心丸の胴と周り5つの丸に繋がる足の製作です。

Img_1222

中心丸胴は8ミリのプラパイプでそこから伸びる足は2mm角のプラ棒を2こ重ねてます。

頂点の半丸は、模型屋にあった8ミリのキャップパーツを使用。

Img_1241

足先に5つの丸胴をつけるのと強度UP,のりしろの為、この様に角棒を両端に接着。

Img_1223

周りの5つの胴の切り出しです。

Img_1231

足の間につく剣の切り出し。

Img_1227

切り出す部品も多いし、小細工が必要で結構時間を費やしてます。

2011年9月21日 (水)

太鼓製作終了

出来上がった胴に皮を張ります。

皮は、洗車用のセーム皮を使用。

Img_1206

鋲を打ちました。黒鋲があればいいのですが、丸頭の黒鋲がないので、しかたなく真鍮になってしまいまいた。

Img_1210

吊り金具と吊り綱を取り付け完成!

Img_1215

これから、私的にこの製作の一番の山と思っている梅鉢紋の製作に入ります。

サイズ、製作方法を確認する為、図面を起こしました。

Img_1230

製作方法ですが、木の丸棒を使用するのが一番簡単ですが、①屋根に取り付けをするにあたり中空にしたい。②一体物で屋根に取り付けたい。③強度を持たせたい。④入り組んでいるため、塗装下地処理(ペーパー掛け)が困難。等の理由から木で製作は却下!

丸パイププラ棒、ビーズ等で製作することに決定。

1つの紋に42点の部品点数の計算になりました。作業は複雑になりそう!

手持ちのパイププラ棒が足りそうもなく、姫路唯一の模型店やム○シへ物色しに行くが置いてない。しかたなく初めての通販で購入。

Img_1240

通販、2日で手元に届き、結構便利ですな!ただ送料を考えると高いものにつくな。

2011年9月20日 (火)

太鼓製作1

胴を削り終えました。

Img_1202

塗装です。塗って、乾かして、ペーパー掛けの繰り返しです。

Img_1203

仕上がりです。

Img_1205

2011年9月19日 (月)

井筒金具製作

井筒端金具製作、取り付け。

Img_1204

そして、昨日紹介した飾り金具を取り付け。

Img_1218

作業があっちこっちになっています。

現在、太鼓の製作中。

Img_1201

太鼓の胴の形に削るため、罫書いてます。

2011年9月18日 (日)

正角製作

枡組を屋根に取り付け。

Img_1193

正角を彫りました。

Img_1199

取り付け。

Img_1200

職を金具屋に変え、こんなん彫ってます。

Img_1211

Img_1217

2011年9月17日 (土)

脇棒・高欄廻り製作

高欄下部の製作です。

床の切り出しとホゾ穴等の加工。

Img_1188

縁の取り付け。

Img_1189

泥台にセット。

Img_1190

切り出し、面取り加工を施した脇棒。

Img_1191

受けに取り付けました。

Img_1192

男柱等の製作は、弦の綱や幕衣装をつけてからにしようかな?

ここで、仮組みをしてみました。

全容がこれだ!

Img_1197

Img_1194

本棒製作終了

本棒の組立。

Img_1185

クランプで固定し接着剤を乾燥中。

Img_1186

乾燥後、泥台と合体!

Img_1187

2011年9月16日 (金)

本棒製作1

本棒の製作にはいりました。

閂の切り出し・加工。最終的に丸ホゾに仕上げていきます。

Img_1181

本棒寸法に削りだし。

Img_1182

本棒にホゾ穴等を罫書いてます。

Img_1183

黒とオレンジの憎い奴!今回第二弾のスーパーウェポンです。クランプです。

こいつ使えます!

各部材に面取り等加工を施し組立ができるまで作業が進みました。

Img_1184

2011年9月14日 (水)

泥台製作4

この名前は知らないですが、切り出し・加工。

Img_1168

何度か変えられてますが、屋台新調時の形にしました。

取り付け、泥台完成しました。

Img_1180

次は、本棒製作です。

2011年9月13日 (火)

泥台製作3

脇棒受けの切り出し。

Img_1171

初挑戦!飾り彫刻を彫ります。まず罫書きです。

Img_1172

鋭角なカッター1本で彫って出来上がり。

Img_1174

台場練り用の肩当て板の切り出し・加工。

Img_1169

通しボルトの製作。2mm棒にダイスをたてます。

Img_1177

泥台柱上部に本棒・高欄用ほぞ棒を取り付け、各パーツを泥台と合体。

Img_1179

もう少しで、泥台完成です。

2011年9月11日 (日)

泥台製作2

柱のホゾ加工終了。

Img_1165

4本柱受け(火打ち土台)の製作終了。

Img_1162

とりあえず、泥台を組んでみました。

Img_1167

脇棒受け墨入れ中。

Img_1170

白浜屋台では、この受けを取り付ければ、ほぼ完成だが飾磨屋台は台場練り用に様々なパーツを切り出し取り付けをしなければなりません。まだ先は長い!

2011年9月10日 (土)

泥台製作1

最終図面ひき終わりました。

Img_1149

Img_1150

最初の図面から、修正を加えこれで決定。

これを基に部材を切り出していきます。

Img_1151

部材に墨入れです。

桁です。8×8㎜角棒に両端4×4㎜ホゾを加工。

Img_1152_2

柱にも、ホゾ穴、通しボルト穴の墨入れ。

Img_1163

細工中の桁です。

Img_1153

柱はホゾを彫ってます。

Img_1164

4mm丸穴を角穴に加工中。

ボチボチ、肩はパンパンの肩凝りピーク中で、奥歯が浮き浮きで、頭もとても痛い中!

肩にバンテリン塗り塗りと、バファリン処方中!!

2011年9月 9日 (金)

井筒製作

井筒製作です。

Img_1145

そして、完成!

Img_1146

これからの作業は、下から攻めていきます。

現在、図面と格闘中!

Img_1147

台場練りの泥台は、パーツも多いし小細工も結構必要。少々時間が掛かりそうです。

うーん、こいつはどーしようかな?

Img_1148

2011年9月 8日 (木)

枡組製作終了

Img_1141

これを合体!

Img_1142

こんな感じになりました。

現在、これを製作中

Img_1144

2011年9月 7日 (水)

枡組製作1

Img_1138

枡組み製作は、小さなパーツの組み合わせでパーツ数も半端ではないです。

作業も切ったり貼ったりがつづきます。

皿斗製作のため、前回の垂木を3分割に切り出す。

Img_1139

狭間が入ったら、全く見えない部分で省略簡素にしてもいいのだが、再現できる物は製作するのが私のモットーです。

前回の天井も、全く見えない部分ですが、やっぱりね!

Img_1140

2011年9月 6日 (火)

軒下廻り製作終了

Img_1134

これは何でしょう?

Img_1135

天井です!

本物屋台は、コレを取り外し屋根裏に入る事ができます。

これにて屋根廻りの作業を終えました。これからこの下の製作に入っていきます。

Img_1136

2011年9月 5日 (月)

軒下廻り製作5

垂木取り付け開始です。

Img_1131

一段目終了。

Img_1132

2段目終了。

Img_1133

垂木取り付け終了しました!

2011年9月 4日 (日)

軒下廻り製作4

垂木切り出し終了!

2mm角の角棒を12mmに切りそろえます。

垂木の山です。

Img_1130

垂木を貼り終えて余れば、天井格子や枡組みの部材に化けていきます。

2011年9月 2日 (金)

軒下廻り製作3

隅木の仕上げです。

木取りです。

Img_1126

取り付け。

Img_1127

垂木取り付け作業に移ります。

まずは、垂木切り出しから。ひたすら切り出していきます。

Img_1129

修行です!

2011年9月 1日 (木)

軒下廻り製作2

垂木をつける地を製作しています。

Img_1124

Img_1125

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »