« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

塗り5

研ぎ倒し、目標♯2000で仕上げ終了。

そして上塗りです。

Img_0827

さーて、どーなりますやら!

ムロでゆっくり乾燥です。

Img_0824

2011年5月30日 (月)

塗り4

♯800で研ぎ。そして中塗り終了。

Img_0816

乾燥後、仕上がり。

Img_0818

刷毛目あり。気泡多数。

次回は上塗り!

入念に研いでます。

Img_0823

黒い部分は、まだ凹んでいるところです。これを潰して平滑にしていきます。

仕上げは目標♯2000!

2011年5月27日 (金)

塗り3

下塗り乾燥後、研ぎ作業。

Img_0812

Img_0813

毎回このような画像ばかり申し訳ありません。

現在は、このような作業がつづきます。

塗っては研ぐで、肩こりピーク状態です。

そして、中塗り作業。今回は部分ごとの塗りです。屋根は昇総才・水切りのみの塗りです。

Img_0814

2011年5月26日 (木)

塗り2

乾燥後の研ぎ。

地整形・塗装の足付けに最終ペーパー♯600

Img_0808

二度目の下塗り。塗料の粘度調整です。初回より固めに調合。

Img_0809

塗り後、ムロ入れ。

Img_0811

今回の反省!粘度硬すぎ、筆硬すぎでした。難しい!

2011年5月25日 (水)

塗り1

初塗りです。

下地の下地ですが。

下地を磨きすぎたのと、塗料を薄めすぎたので、色が載ってません。

Img_0805

塗り終え、ムロいれ。

Img_0807

2011年5月24日 (火)

塗り前下地処理3

屋根下地終了

Img_0791

高欄も終了し、塗りにはいりました。

Img_0800

2011年5月23日 (月)

千成瓢箪手直し2

厚みを修正後、側面のパテ修正。Img_0794

サーフェース処理。

Img_0798

このサーフェースは優れもので、少々の傷でしたら隠れてしまう。

Img_0781

次いでに、狭間、露盤も吹いておきました。

Img_0785

2011年5月21日 (土)

塗り前下地処理2

屋根のパテ研ぎ。

Img_0774

サーフェースを吹き、乾燥後、修正箇所見分。

Img_0777

修正箇所にパテ入れ。

Img_0787

研いだ後、再度サーフェース。

Img_0791

この繰り返しです。まだまだ続く。

高欄は下地処理を終え、塗りにはいりました。まだまだ本塗りではないですが。

Img_0800

2011年5月18日 (水)

千成瓢箪の手直し

施主様より、東山のシンボル千成瓢箪の紋を厚くして下さいとのご要望です。

Img_0758_2

裏に板を足し、厚み調整です。

Img_0232 

2011年5月17日 (火)

塗り前下地処理

塗り前の下地を整えてます。

木地を整え、目を見る為と硬地処理の為にサーフェーサーを吹いておきます。

屋根板の継ぎ目がバッチシでてます。

Img_0771

パテ入れです。

一度にたっぷりは、ひび割れが生じます。数回パテ入れをくりかえしていきます。

Img_0773

井筒、柱にニス塗り。これも塗ってはペーパー掛けの繰り返しをします。

Img_0766

Img_0767

2011年5月15日 (日)

塗り前準備

金具、衣装等取り外す際に折損した部品の修理等を終え、下地の整形中

Img_0757

Img_0769

地の状態(目の出方)を見る為と、硬地処理の為、1回目サーフェース仕上げ。

Img_0763

Img_0764

2011年5月10日 (火)

東山ミニ屋台完成へ

ご無沙汰です。

さて、昨年に東山のI氏様にお納めした東山白木新調屋台が、工房に帰ってまいりました。

Img_0749

I氏様より、塗り、総金具新調のご用命を賜りました。

これから、東山ミニ屋台完成にむけて、気合いれていきます。

I氏様の御倉は、数ヶ月間寂しくなりますな。

Img_0748

では、作業に!

衣装を外し、高欄、屋根の分離と金具類の取り外しです。

Img_0751

ここまできたら、もう後戻りできません。

Img_0755

本棒、泥台に 色白維持の為の養生です。暫くの間お休み下さい。

Img_0756_2

I氏様、お気に召すようがんばらせて頂きます。お楽しみに!

« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »