« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

松原村幟製作3

上部金具の製作です。

Img_0529

横棒に吊りロープ用の丸カンを半田付け。丸カンはSワッシャーで代用。

出来上がった上部金具。

Img_0532

本幟のチチ付け。

Img_0541

そして、出来上がりです。

Img_0543

台も製作し、幟を立てる。

Img_0544

Img_0546

2010年10月28日 (木)

松原村幟製作2

日鉾下の毛取り付け台の製作です。

Img_0530

丸い物が台になります。溝部に毛が入り込むようになってます。

黒塗装を施し例の毛を取り付けました。

Img_0538

如何でしょうか?

そして日鉾を塗装。

Img_0537

あとは合体すれば難題だった日鉾が完成です。

これが本物の画像です。

Img_3920

2010年10月26日 (火)

松原村幟製作1

屋台完成間近ですが、一寸置いといて幟の製作に取り掛かりました。

松原の幟は、やっぱりココ。

Img_0188

上部の日鉾、白黒毛をどう作るか?

まず、日鉾から製作。

Img_0526

Img_0528

まずはクリアです。

問題はその下の白黒毛です。

本物は馬の毛なのでしょうね。馬の毛は調達は無理ですし、私の髪の毛を使うか?それも無理!第一、白髪は生えてるがそんな一杯はない。

そうか筆を切るか?

よーく考えてみたら、その毛をどうやってつけるねん?

ということで、困った時にはココでしょ。

おおきなおっさん、久しぶりに手芸屋で物色してまいりました。

Img_0533

あるやん!何でもあるやん!すごいやん!

問題解決です。

毛獅子もできてしまうかも!

2010年10月22日 (金)

完成した妻鹿屋台4(灘祭り2010)

妻鹿の高欄です。

金具に注目!

Img_0393

男柱金具は龍だが、先代は金の龍と銀の地金が別々になって立体的だったが、新調された金具は龍と地金が一体物?であっさり風になっています。

しかし一体物をどうやって、金と銀のメッキをするのかな?

架木・平桁・地覆(横棒3本の桁)の金具は2分割になってました。

こんなのは、初めて見ました。

これもめずらしいです。高欄一番下部分の縁葛といわれる部分の金具です。

Img_0391

ブロンズメッキ?大体ここは銀色なのですが、変わってるー!

2010年10月21日 (木)

完成した妻鹿屋台3(灘祭り2010)

今年、新調された狭間です。

大木 光師が露盤に引き続き彫られたそうです。

(正面)鶴岡八幡宮

鳥居の脚に注目!太っ!

Img_0404

(後面)本能寺の変

Img_0399

(左面)賤ケ岳の合戦

Img_0397

(右面)曽我五郎 十郎のあだ討ち

Img_0405

Img_0309

まだ続きます。次は高欄編!

2010年10月20日 (水)

完成した妻鹿屋台2(灘祭り2010)

妻鹿の彩色を施された露(呂)盤です。

Img_0375

でかいです。30キロあるそうです。

Img_0369

(正面)神功皇后 応神天皇平産の場

Img_0367_2

(後面)流鏑馬

Img_0365

(左面)佐久間玄審太閤本陣乗り込みの場

Img_0368

(右面)村上義光錦旗奪還の場

Img_0364

やっぱり塗り立てはいいですな。綺麗わ!

Img_0407

妻鹿休憩時に、屋台を心配そうに見つめる彫師さん、塗師さんと金具屋さん。

まだまだつづくこのシリーズ。次回は新調狭間編です。

2010年10月17日 (日)

完成した妻鹿屋台1(2010灘祭り)

2010年灘祭りも終わってしまいましたね!

それで今年の祭りはどうだったの?

うーん、感想は言わんとこ!

今年は、やっぱりコレを紹介。

ええヤッサに仕上がってました。

Img_0302_2

今年、完成した妻鹿屋台です。

まずは屋根編。

羽物を減らし、すっきりした昇総才金具。

そして、ベタ地金にあうんの龍だったのが、昭和40年~50年時代を思わせる分割型の水切り仕様。

よくバランスが取れて、塗り立ての屋根にドンピシャ似合ってます。

Img_0296

Img_0389

Img_0385

Img_0386

Img_0395

まだまだつづきます。次は露盤編。

2010年10月13日 (水)

怒涛の祭り前夜

Img_0086

やっぱり、ここに来てしまいました。

Img_0092

Img_0103

Img_0127

今年も、爆音響かせてました。

そして、ここにも。

Img_0146

Img_0152_2

Img_0156

よう練ってました。

さあ明日ですね。お天気も心配なさそうで、ええ祭りをして下さいね!

2010年10月12日 (火)

明日は大鳴らし

Img_0010

Img_0018

お宮は祭り前の静けさ。

Img_0039 

おーっと!明日の屋台移しの準備か?

Img_0037_2

さて、これはどこでしょう? 明日の18時にはベールを脱ぎ全容が!

大鳴らし前の御蔵まわりレポートでした。

全錺金具製作・取付終了

巴紋の取り付け。

Img_0026

Img_0028

Img_0036_2

Img_0033

すべての錺金具製作と取り付けが終わりました。

2010年10月11日 (月)

巴紋塗装中・幣額取り付け

巴紋を化粧直しのため、再塗装を施しました。

Img_9994

白木幣額から金幣額へ改修し、紙御幣から金幣に変更。

Img_9991_2

弦の綱に化粧帯巻き。

Img_9996

そして全容。

Img_0007

屋台を見る視線は、こんな感じ?

Img_0008

秋晴れの中の浜の宮・津田天満宮本宮

本宮を延期した浜の宮にお邪魔してきました。

丁度、台場差しが行われてました。

F1000015

画像が悪くて申し訳ありません。須加の台場です。

F1000012

そして、今年新調された宮屋台。

秋晴れどころか夏の再来と思うぐらい暑くなり、昨日の恵美酒と違って汗で法被がベトベト状態。

浜の宮を後にし、お隣の津田へ。

宮入前の思案橋集結場所。

F1000010

今在家屋台

F1000006 

加茂屋台

F1000001

構屋台

休日、一日中祭り見物を楽しみました!

2010年10月10日 (日)

露盤・狭間彩色

露盤・狭間に彩色を施しました。

Img_9989

Img_9995

Img_0002

Img_9990

雨の中の恵美酒神社本宮

播州秋祭りが始まりました。

今年の飾磨恵美酒・浜の宮は宵宮から雨。そして本宮までも雨に祟られました。

本宮は、浜の宮は順延、恵美酒は1時間遅れの決行。

土砂降りの中の宮入だったそうです。

夕刻、雨も上がり、お邪魔してきました。

F1000034

屋台にもカッパをきせ、練り合わせに向かう東堀屋台。(雨の為、カメラではなく携帯の画像)

F1000030

東堀ー御幸

F1000024

玉地ー清水

F1000017

清水の台場練り

F1000013

清水名物、胴突き

2日間雨の為、存分な祭りができなかったような・・・

来年は秋晴れのもとでいい祭りができますように!

恵美酒の皆さん、ご苦労さまでした。

2010年10月 6日 (水)

紋木取付

紋木を取り付けました。

Img_9770

ちょっと紋を仮付け。

Img_9769

紋は塗装し直しします。

ちょっとこんなのも・・・

Img_9772

2010年10月 4日 (月)

昇総才金具製作4

Img_9725

4番金具彫り上がり、羽を半田付けをして総才端に取り付け。

Img_9727

そして、屋台に取り付けました。

Img_9763

金具製作は、これでほぼ終了しました。

まず、大きな峠は越しました!

2010年10月 2日 (土)

昇総才金具製作3

2番胴体金具に羽を半田付けです。

Img_9713

出来上がりです。

Img_9714

同様に3番金具を製作し、屋台に取り付けました。

2番取り付け。

Img_9719

最後3番をドーン!

Img_9722

残すところ、4番金具(総才端金具)だけになりました。 

2010年10月 1日 (金)

昇総才金具製作2

1番金具の切り離し作業です。

Img_9702

同様に羽も作り、胴体と羽の半田付け作業です。

Img_9705

出来上がりました。

Img_9706

そして、取り付けました。

Img_9707

Img_9708

現在、2番金具製作中です。

Img_9709

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »