« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

昇総才金具製作1

昇総才に取り掛かりました。

松原屋台の昇総才金具は、総打ち4体(総才端金具を含む)パターンです。

Img_9455

Img_9440

32体を製作になります。

まず、露盤側の1番金具から製作にはいりました。

Img_9702

鷲?鷹?とりあえず胴体から彫ってます。

2010年9月29日 (水)

妻鹿屋台漆塗り完成披露会2 金具編

前回の続きです。

今回新調される昇り総才と水切り金具の原図です。

Img_9640

先代に比べると、木場屋台のようにシンプルになるのかな?

上から鶴、獅子、飛龍、虎です。

次に水切り金具の原図です。

Img_9649

Img_9650

Img_9651

Img_9652

Img_9653

あうんの龍から、このような感じになるそうです。

昔はこのような感じだったような・・・

Img_9664

Img_9666

Img_9663

仕上がりがとても気になる。早く見たいです。

水切り金具製作3

Img_9691

8体彫り終えました。

昇り総才の下地金具を製作、取り付けもしておきました。

Img_9576

あうんの龍を水切りに取り付け。

Img_9693

少々大きいな!彫りが浅いな! まあ雰囲気はでてきました。

ここで、大きな間違いが発覚!!

わかる方はわかると思います。

あ・うんが逆なのです。

真鍮板の裏側に罫書きをする時に逆にするのをてっきり忘れておりました。

なんという事を!

打ち直そうかな?と悩みましたが、この屋台は自分の所有の物なので、このままいきます。

気を取り直し、波金具など付属品を取り付け仕上げをしました。

Img_9697

2010年9月28日 (火)

水切り金具製作2

水切り地金具製作、取り付けを終えました。

Img_9573

この上に付く、阿吽の龍の図案を書いてます。

Img_9688

この図案を基に、真鍮板を打って(彫って)ます。

Img_9690

以前までは樹脂粘土で製作していましたが、本格的うっとり彫りに挑戦しています。

現在、肩がコチコチで頭痛までしてきました。

昇り総才金具の製作等これからの作業を考えたら、なんかゾッとします。

昇り総才金具の試作品です。

Img_9699

右は羽を胴体に直接接着剤で取り付けた物、左は羽に細工をし胴体に刺してます。

作業が楽なのは右ですが、やっぱり左の方がいい雰囲気ですね。

まあ、ぼちぼちやろか!

2010年9月27日 (月)

妻鹿屋台漆塗り完成披露会1 屋根編

先週の土曜日にお邪魔してきました。

Img_9588

塗り立ての金具無し状態の屋根を見る事ができました。

Img_9590

屋根鏡と言われてますが、まさに鏡ですね。しばらくの間、見とれてしまいました。

Img_9591

Img_9593

Img_9596 

Img_9595

次回は、金具編です。

水切り金具製作1

水切り部に移りました。

まず、地金具から製作取り付けです。

Img_9570

Img_9569

2010年9月24日 (金)

垂木金具製作2

金具張り終えました。

Img_9510

例の井筒端金具の取り付け。

Img_9511

Img_9513

貼り終えました。

Img_9567 

2010年9月22日 (水)

垂木金具製作1

Img_9506

垂木に三方巻きの金具を取り付けます。

垂木サイズは2×2㎜です。

Img_9507

Img_9508

ピンセットと爪楊枝で1枚1枚!

この垂木の端に取り付ける金具も、大男が手芸屋さんに出向き、いい物を見つけてきました。

最近、この手芸屋さんによく行くので、店員さんが「会員カードを作っておきましょか?」・・・

とうとう会員になってしまった!(会員になると多少だが割引になるらしい)

で、こんな物を仕入れてきました。

Img_9514

携帯電話にデコレーションしたり、ネールアートに使う物みたいです。

2mmですからピッタリです。

垂木金具、いい雰囲気かもし出すかも?

Img_9446

2010年9月20日 (月)

たこフェリー

久しぶりにOFF日でした。

今日は、秋季高校野球大会の応援で淡路島佐野球場へ行ってまいりました。

往路は、これで!

Img_9528

ゆっくり船旅もええもんです。ゆっくりといっても20分ですが!

気持ち的にゆっくりします。

Img_9537

Img_9543

Img_9550

しかしよく空いてます。連休もこんな状況ではやっぱり船業者は撤退するかも!

因みに、フェリー運賃は普通車(同乗者1人)で¥2150でした。

ETC車は大橋通行料¥1000。値段を考えるとそっちに行くわな。

復路はこれで!

Img_9564

私、実はETCはつけておりません。

淡路東浦から大橋を渡り第2神名経由で姫路まで総額¥2800でした。

フェリーの方が断然安かった!

ETCをつけておられない方は、どうぞ、たこフェリーに!いいよ、船旅!!(たこフェリーのまわし者ではないですが・・・)

Img_9545

このカラー、懐かしいな。

note明石のーたこをご存知ですかー? たこはーたこでーも、たこフェリーーー

2010年9月18日 (土)

井筒金具製作3

井筒完成しました。

Img_9497

Img_9499

一寸仮組み。

Img_9501

えーい、屋根も乗せてしまえ!

Img_9504

さて、これから本丸の屋根作業に入っていきます。

Img_9505

2010年9月17日 (金)

井筒金具製作2

井筒金具、各部取り付け。

Img_9495

まだまだ、金具製作と取り付けが続きます。

2010年9月16日 (木)

井筒金具製作1

井筒金具の製作に移りました。

Img_9494

井筒端金具です。各サイズ総数32枚製作中です。

Img_9461

2010年9月15日 (水)

高欄金具製作2

Img_9480

地金取り付け終了しました。宝珠柱に擬宝珠取り付け。

宝珠柱に取り付ける金の龍を彫ってます。

Img_9489

取り付け完了です。

Img_9493

2010年9月14日 (火)

高欄金具製作1

屋根水切り下部、金色塗装仕上がりました。

Img_9477

高欄金具製作にはいりました。

銀の地金具から。

Img_9479

アルミテープに模様を彫ります。

Img_9478

2010年9月11日 (土)

塗り工程9

スリスリ!

磨いてます。

Img_9413

たかミニ金具店、金具の採寸と型取り。

Img_9411

Img_9408

再び、たかミニ仏壇店の塗り作業。

Img_9414

マスキング作業施し、箔押しならぬメッキ調スプレー塗り。

Img_9416

また、金具屋作業。

Img_9410

総才端仕上げ。

2010年9月 9日 (木)

塗り工程8・総才端新調

屋根、上塗りを施しました。

Img_9399

そして、祈る思いでムロ入れ。

綺麗に仕上がってますように!

Img_9400

そして、1日乾燥後。

Img_9404

やっぱり刷毛目がでてるな!

コンパウンドで磨き倒してます。

Img_9405

漆塗り最終仕上げの呂色という作業にあたるのかな。

コンパウンドを直接手で擦りこんで磨いてます。

現在、暇を見つけては、スリスリ、スリスリ!

そろそろ、塗りと並行して金具屋もしていかなければ。

という事で、まず総才端の新調に取り掛かりました。

白木の時につけてた物は、取り外した時に破損した物もあり、色褪せていたので新調する事にしました。

Img_9406

ベースの紙を以前より薄い物に変更。その為強度を出すのに裏打ちを施してます。

2010年9月 7日 (火)

塗り工程7

中塗り乾燥後です。

Img_9324_2

刷毛目も目立ってます。タレも発見!

塗料が少し濃いかったかな。上塗りはもう少し薄めてみよう。

そして、上塗りの為の研ぎ作業です。

荒研ぎ後、仕上げ研ぎ作業中。

Img_9397_2

Img_9398_2

これから、もう少し際を攻めていきます!

2010年9月 4日 (土)

なんぼもめんでへん!

今日は、年番松原村鑿入れ式だったそうです。

神輿が出してあるので、早速八幡さんにGO!

Img_9329

一見、修理済かと思うぐらいきれいやん。

Img_9334

Img_9367

Img_9350

となりで見ていたおっちゃん達の会話。「なんぼも、めんでへんのう。今年はごっついど」やて!

Img_9364_2

わかる人には、わかる会話。

Img_9392

広畠には、提灯が!

いよいよ祭りですね。

しかしこの暑さで、なんか祭りという感じがしてこないな。

帰りに、○○町屋台蔵へ。

Img_9394

4月頃には、解体されてた旧屋台蔵。

ええ、まだ何もないやん!

あと1ヶ月で建つ?基礎して、棟上して・・・いや到底無理やろな!

まさか違う所に移転してる?

とても気になる!!

2010年9月 3日 (金)

塗り工程6

屋根・高欄(外面)

中塗り。ムロ入れです。

刷毛目、タレがどう落ち着いてくれるかな?

Img_9321

柱、上塗り仕上げです。

Img_9323

井筒上部平桁部下塗り。

Img_9320

そして、彫り物の下地を終え、金メッキスプレーを吹いてみました。

Img_9316

Img_9319

このメッキ調スプレーは、吹いた時から数ヶ月はいい輝きを見せてくれるのですが、あとはだんだん黒ずみがでてきます。そこが残念なとこです。

前に何とかならないかとこの塗装面にクリアを吹くと、この金が浮き、すぐに変色し無慚な姿になりました。

すごいメッキ調スプレーはないのかな?

2010年9月 2日 (木)

井筒新調~塗り工程5

Img_9302

以前の井筒は、6×6㎜角でした。これを6×8㎜角にサイズ変更。

この上に載る二段平桁も出を大きくします。

Img_9311

塗装を施してます。

上部平桁は黒塗りの為、地作りでパテ入れです。

Img_9312

ついでに鏡もパテ入れ。

Img_9313

現在、下塗りの屋根・高欄を研いでます。

Img_9310

Img_9305

#800ペーパーで研いでます。

Img_9306

#1000で仕上げ研ぎ。

Img_9308

2010年9月 1日 (水)

塗り工程4

塗りによる地作りも終え、本格的に塗り仕上げをします。

まずは、下塗り。

塗料を一寸薄めに調整し、塗っていきます。

パテ地が出ている所は、塗料の乗りが悪いです。いつもの私は、それが気になり塗り直しをしてしまいますが、そこはじっと我慢です。塗り直すと必ず泡がでたり、皺がでたり、いいことは絶対にないです。

筆先を使い、ゆっくりと塗っていきます。動かす方向は上から下へ一方通行です。

屋根・高欄を塗り終え、ムロに収納。

Img_9295

Img_9297

柱もニス塗りです。

地を整え、下塗りです。

Img_9296

乾燥後、研ぎ。

Img_9298

そして中塗り。

Img_9300

色が濃くなり、艶がでてきてます。

後ろに写っている井筒は、作り変え中です。(なんとなく厚み等、寸法面で気にいらん!)

Img_9301

久しぶりの大工仕事で楽しいな!

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »