« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

屋根板貼り

現在、屋根板を貼ってます。

Img_8311

一枚目完了!

結構時間かかります。

Img_8319

Img_8320

2日間でここまで進みました。

ここまでは、まだ簡単ですが、これからが曲がりが逆になり、非常に難しくなります。

瞬間接着剤で貼っていきますので一発勝負です。

2010年4月29日 (木)

休日です

今日は、久しぶりゆっくりした休日でした。

朝から、広畑のム○シに行ってきました。

目的は、東山ミニ屋台の屋根から下の部材を仕入れに行く為です。

気あせったのか、開店30分前に到着してしまいました。

開店!

目当ての部材をあさりに、まず2Fへ

いい部材そろってます。様々なサイズにカットしてある檜材がとても豊富なのです。

近所のホームセンターではまずないです。

角材でも、近所では3×3とか4×4の様に断面正方形の物しかないのですが、ココでは3×4とか5×6等断面長方形にカットしてあるものがたくさんあるのです。とても重宝しそうう!

本棒候補(いい柾目入り、白無垢)も数本手に入りました。大満足!

1Fもブラブラし、道具等ほしいもんだらけでした。

気がつけば2時間も入り浸りしてました。

ム○シ、面白いとこです!

昼からは、久しぶりDVD鑑賞会!とはいっても私ひとり会ですが・・・

見たのはこれ↓

Img_8316

『サーフ&スノーIN逗子マリーナ 松任谷由実』

私、20数年からのファンです。

いやー感動しました!癒されました!

ユーミンもいいのですが、バックバンドのパーカッション担当がとても目につきました。

かわいいし、ノリ最高で、またとてもカッコいいのです。

この子↓

Img_8317

小野かほりチャン!最高です!ファンになりました。

皆さんも、一度見られては?

その後、『シャングリラ』DVDも続けて鑑賞。

Img_8313

これも感動!

計3時間テレビに釘付けでした。

とても、いい休日になりました。

2010年4月28日 (水)

昇り総才完成

大いに悩んだ昇り総才ラインが決まり、型製作。

型をあて、墨付け・木取り作業へ。

昇り総才厚みは7mmに決定し、2㎜厚と3㎜厚のバルサ組み合わせます。

2㎜厚の物が8枚、3mm厚の物を4枚切り出します。

Img_8302

画像は、3mm厚の物です。これが真ん中になり、端両面を2㎜厚の物で貼り付けます。

Img_8303

こんな感じなります。

Img_8306

屋根下地に貼り付ける為、内側の溝をV字にカットします。

こうしないと屋根下地と昇り総才の接点部分に隙間ができます。

1~2㎜の隙間は許容範囲ですが!なぜなら通常の作り方と違うからです。

Img_8307

仮付けをし、昇り総才上部に呂盤が入り込む切れ込み加工と呂盤台の取り付け具合を調整します。

Img_8309

こんな感じになりました。

私の製作方法は、先に昇り総才を取り付けてから屋根板を貼り付けて(入れて)いきます。

この方法だと、屋根板と昇り総才の隙の問題が解消されます。

邪道ですが!

これから、屋根板の貼り付けにはいります。

まずは部材の切り出し作業です。

Img_8310

2㎜厚のバルサを7mm幅で切りだしてます。

2010年4月26日 (月)

水切り~屋根下地製作

水切りが完成。こんな感じです。

Img_8290

Img_8291

次に、屋根板を貼るための下地作りです。本当の屋台製作は垂木が入るところです。

Img_8292

Img_8293

屋根曲線に沿って垂木替わりの紙を貼っていきます。

Img_8294

全体が貼れ、スムーズに曲線がでる様に紙テープで微調整をします。

上部の四角い物は、呂盤台の寸法を取るための型です。

現在、屋台屋根の要の昇総才の型取りをしています。

Img_8298

もう、3回はやり直してます。

屋根に置いてはバランスを見て、また写真と比べ、1ミリ単位で微調整を繰り返します。

Img_8300

妥協してはいけない!じっくり・慎重・丁寧に!

2010年4月24日 (土)

東山ミニ屋台製作記 水切り廻り製作

水切り廻りの製作です。

老眼鏡を掛け、昨日の図面を引き直し型を起こしました。

部材に墨入れをし、切り出しました。

Img_8286

Img_8287

組み付けです。

Img_8288

作業は順調に進んでいます。

Img_8289

2010年4月23日 (金)

東山ミニ屋台製作着工

東山ミニ屋台製作に取り掛かりました。

基本となる屋根隅木の型作りです。図面をひきます。

まず、私の所有、製作した東山屋台(旧屋台)を基に、屋根のラインの見直しから!

旧屋台は、先代屋台を意識し肩がなだらか風(浅い屋根)。新屋台は施主様の意向で、肩が張った(深い屋根)現屋台のラインにします。

そこで比較。

Img_8278

赤ラインが旧、黒ラインが新です。

ここでアクシデント!!

作業を進めるのですが、なんかいつもと様子が違うのです。

1ミリの方眼がとても見えにくい。定規の目盛りが読みづらい。方眼線上に線を書いたつもりがずれている。えらいこっちゃ!

最近、新聞が見えにくいかったが、とうとう、来たか!老眼?

ためしに、100均に走り老眼鏡を見に行ってきました。

あるある!ひとつのコーナーになってるやん!年齢ごとにずらっーと!

45才~50才用+1.5というやつをためし買ってきました。

おー見える、見える!!いけるやん!

これから作業中は手放せなくなりそうです。因みに父所有の+2.5というのを掛けてみると、方眼がちょー拡大で見える!細かい作業に重宝しそうです。

Img_8279

作業してると煙草が増えるので、ガムも必需品です。

Img_8280

これは、水切りの型です。うーんあまり気にいらないのでやり直しです。

Img_8281

隅木の墨いれです。

Img_8284

隅木を組みました。

Img_8285

屋根板を貼るために隅木の角を落とし(削り)ました。

今日の作業はココまで!

明日は、水切り再検討です。

2010年4月19日 (月)

年度始め

ご無沙汰です!

やっと落ち着きました。我が校区の最大イベント『市川さくら祭り』の段取り、準備等を年明けより始めてからずっとバタバタでした。先日4月4日に本番を無事終え、後片付け、財務整理等も目処がたち、ようやくひと段落いたしました。

Cimg4448

しかし、これが終わると新年度にむけて、所属している校区団体の閉めや申請等、片付ければならない事がまだ山ほどあるのですが・・・トホホ!

わたし、春とか桜が大きらいになりそうです。

まあまあ、焦ってもしゃーない。ひとつづつ片付けていきましょかね!

さてさて、先日東山のI氏からの東山ミニ屋台製作依頼がありました。ありがとうございます。

いいもん、作らせていただきます。

Img_7705

これから、本ブログ『東山ミニ屋台製作記』が始まります。

ワクワク!!

« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »