« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月13日 (金)

今年の妻鹿屋台

ご無沙汰です。

さて、今年も灘祭りのスナップはたくさんとりましたが、宮入等練り風景の紹介は自粛して、屋台各部の紹介をしてみようかな。

今年は、まずこれやね。

妻鹿地区の今年新調された露盤いや楼盤(ローバン)です。

大木光師が製作されました。

Img_7631

村上義光錦旗奪還の場(右)

Img_7641

佐久間玄蕃太閤本陣乗込の場(左)

Img_7668

今年は、製作された大木師自ら楼盤を、はしごに乗り、上げ降ろしをされてました。

画像は(右)の場です。

Img_7671

大きいし、とても重そう!

Img_7675

なんとも細かい細工です。表情にも注目。

Img_7678

流鏑馬(後)

先代が着けていた楼盤と4面同じ場面が彫られてますが、新調されたこの楼盤の(後)流鏑馬の的は矢を打たれ割れている場面になっています。先代は割れてませんでした。

幾度となく胴突きをされた為か、惜しくも一部松葉が欠けてます。

Img_7669

Img_7677

彫刻の厚み、幹の太さに注目。

Img_7695

神功皇后・応神天皇平産の場(前)

Img_7698

(右) 太閤秀吉の表情に注目。馬もいい表情してます。一部松葉欠損。

Img_7680

楼盤のでかさに注目。

Img_7683

さて、来年は狭間が新調され漆も塗られ完成されるのかな?

それより、来年は屋台が見れるのかな?とっても心配!!

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »