« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

妻鹿屋台・だんじり入魂祭1

昨日の妻鹿屋台・だんじり入魂祭の模様を!

妻鹿小学校前を行くだんじり、屋台です。出立ちが見れなくて少々残念!

Img_5424

Img_5429

Img_5434

白木はええな!あら、ろーばん(露盤)ついてる!

大木さんが、この日の為に間にあわせたのでしょうか?サプライズと思いきや、この露盤は、先代屋台新調時の時に彫られた物だそうです。先代屋台は先先代の露盤を使用していて、この露盤は大事に保管されていた物です。作者は大西一生師です。これからはこの露盤が彩色され現役になるのかな?

松原地区を通る屋台です。台車にのせられてます。

Img_5448

松原御倉前にてご挨拶です。

Img_5451

支所前到着。台車が外されます。

Img_5455

いよいよ練り上げです。しかしシーソーで!

入魂するまでは、胴突き禁止のおふれがあったみたいです。

倉前の出立ちでは、シーソーであげようとしたが、2回失敗し、しょうがなく胴突きに変えたところ一発であがったそうですが・・・

Img_5463

Img_5466

Img_5467

さあ、宮へ!なんか軽々そう!

Img_5468

太鼓のテンポも変わり、いざ楼門へ!

Img_5476

残念! ちょうど時間となりました!この後の模様は次回に!!宮入編お楽しみに。

2008年9月27日 (土)

明日・・・

さぁー明日は妻鹿の入魂式! 妻鹿地区では入魂祭というそうです。

Img_5401

9時練りだし、10時宮入予定です。

妻鹿地区の掲示板には運行表が貼ってありました。

Img_5349

御倉の 日参には、妻鹿独特の提灯があがります。「徳輝」と書いてます。

Img_5398_2

道中の電信柱には、注意書きが貼られてます。

Img_5400

着々と明日の準備が進められてます。

明日、宮前はどえらいギャラリーになるのでしょうね!どんな練りが見れるのか、楽しみです。

そして、明日はもうひとつおめでたい事が!

長い事お預かりし、改修作業をしてました、「天マ屋」改修 ミニ屋台をお納め(里帰り)する日です。

妻鹿の宮入前に、「天マ屋」屋台が事務所に堂々宮?入します。

今日はお納めする前の屋根磨き、各部磨き、点検をしておきました。

Img_5414_2

まるで、祭り前の砂○さんの気分です。

点検をしておいてよかった。金具の羽がとれてました。金具を外し、とれた羽を半田付け作業です。無事終了!

磨きも終わり、トレーラー いや軽バンに積み込み、作業場から私の自宅に一時移動。

Img_5415

現在、自宅にて家族にお披露目中!

明朝、自宅から積み込み、故郷に帰ります。

嫁入り前の父の心境です。なんか、ちと寂しい!

 

2008年9月22日 (月)

しまった!

昨日は、早朝より激しい雨。

予定されてた、娘達の体育大会も順延に。また警報もでてたので登校待ちの状態に!

ということで、だらーと2度寝をしてしまいました。

ふと、目が覚めると、雨はやんでました。

まさか、大塩東之丁入魂式、飾磨天神完成式、英賀西浜完成式はやってないよな?順延やろな?

朝からあの雨やし、出立ちの時間は完全に雨状態やったと思う。絶対順延間違いないよな!

順延は、23日?28日やったら困るなと思っていた所、所要で大塩に行っていたうちの息子から写メールが送られてきた。

これです!

Photo

ええー!東之丁出してたの?うそー!

今朝の新聞では、飾磨天神、英賀西浜の完成式、この大塩東之丁入魂式の記事が載ってた。

みんな屋台出てたんや!ええー!

やーや!これがあとのまつりか!ガクッ!

2008年9月19日 (金)

妻鹿新調屋台衣装公開2

昨日の続きで、今日は衣装の紹介です。

伊達綱!

Img_5265

なんでも、この茶・金ともう一組新調されてるみたいです。色はエンジ・金だそうです。

宵宮、本宮で変えるのでしょうか?

かつて、飾磨の玉地が宵宮、本宮で白・金、茶・金の伊達綱を変えてましたね。

高欄掛け!

Img_5269

「妻鹿孫三郎の合戦図」

Img_5271

「黒田官兵衛 初陣の合戦図」

Img_5277

「久津里」

最後、もう1枚は、このブログのシステム上、1MB以上の容量の画像はアップできないみたいで、この1枚は1.04MB。残念!当日、実物を拝見して下さい。

では、図柄名称だけ!

「神宮皇后 平産の場」

今回、4枚とも図柄が一新されましたね。 川村刺繍作です。

襦袢と頭巾!

Img_5266

Img_5267

「若」の文字が入った襦袢、大好きです。これじゃないと妻鹿ではないですよね!

幣額!

Img_5273

屋台用とダンジリ用です。

棒端綱!

Img_5274

国産麻製です。白ロープより麻ロープの方がすべりにくいそうです。

毛獅子!

Img_5281

画像では写ってないのですが、胴体の毛は茶毛になってました。妻鹿の毛獅子は黒のメン・オンで2体だったのですが、今回黒と茶になるのでしょうか?

その他に、幟やダンジリ用昼提灯等が展示してありました。

公民館を出ると、なんとサプライズです。新調ダンジリが試験曳き?の為か公民館前に現れました。

Img_5258

Img_5260

Img_5262

おーお!やっぱり、まっさら白木はいいですよね!

ダンジリ製作風景!

Img_5316

Img_5317

Img_5319

Img_5320

Img_5286

Img_5322

Img_5326

Img_5318

以上、新調妻鹿屋台・ダンジリレポートでした!

28日の入魂式が楽しみです。当日は晴れますように!

2008年9月18日 (木)

妻鹿新調屋台衣装公開1

北細江完成式の同日に、妻鹿地区新調屋台衣装の一般公開があり覗いてきました。

高欄掛け、幟、襦袢、頭巾、獅子、金具等が展示してました。

衣装類の紹介は、次回にまわし、新調屋台の製作過程の写真が展示してあったのでそちらの方を先に紹介したいとおもいます。画像は、掲示写真の物を撮ったもので画像が悪いですがお許しください。

ベールに包まれていた新調屋台全容がこれだ!

Img_5284

閂に注目!高欄部の下(根元)にもう1本、閂があるような?閂4本仕様でしょうか?

いままで高欄下に練り子が肩をいれてましたが、この4本閂だったら、練りやすくなるのかな?大塩中之丁が4本閂ですよね!

正角彫刻がこれ!

Img_5289

Img_5290

阿吽の獅子です。口を開け下を睨みつける獅子、口を閉じ正面を見据える獅子です。

大木 光師作?

原木です。

Img_5292

Img_5291

この原木から、屋台がつくられるのです。なんか感動します。どこの檜なのでしょうか?

屋根製作風景です。

Img_5297

Img_5296

Img_5300

真ん中の屋根骨格の写真に注目!十字に組んである木負と、屋根の4隅を支える野隅木の縦側の厚みが他地区と比べて、ぶ厚いような?ここが胴突き対策かも?

昇り総才製作風景!

Img_5301

Img_5302

大工さんが一番苦労するところかも?屋根と昇り総才の隙が出来ないよう、また左右に振れないように、総才の下面をV字に彫りながら調整するのです。大変な作業だと思います。ある大工さんは、この仕事に集中する為、夜に作業をすると聞いたことがあります。

本棒です!

Img_5306_2

下面の外側のRと内側のRが肩に沿うように違わしてあるそうです。

脇棒スライド機構と本棒補強!

Img_5310

スライド機構は妻鹿の専売特許!今回も健在です。本棒には胴突き対策で鉄板が補強として巻かれてます。ここに一番力が集中するのでしょうね。

柱です!

Img_5309

柱の上下には、これも胴突き対策としてゴムマットをつけられてます。このゴムがなければこの柱や井筒や隅木がぶっ壊れてしまうでしょうね!

泥台です!

Img_5308

よっ、妻鹿ですね!この黒い帯鉄補強がないと・・・逆にこの帯鉄がないと妻鹿ではないですよね!この補強をしてなかったら「大丈夫なの?」と聞いてしまう程心配になるかも!

擬宝珠と仮露盤

Img_5276

妻鹿の擬宝珠は他地区と比べ太い。今回も同じ感じです。ただ下部分の伏鉢の高さが高くなったような?仮露盤の高さと伏鉢の高さで考えると、来年か再来年に彫られる露盤は現在の物より大きくなるのかな?仮露盤の猫足も太っ!

紋です!

Img_5275

あれっ!うーん火の玉が以前と比べるとシャープになったな!中に薄い金色がはいってるのかな?いままでの妻鹿のイメージじゃなくなったような?

次回、 新調衣装編につづく!

2008年9月17日 (水)

松原屋台衣装製作2

ミニ松原屋台衣装作りです。

屋台、ダンジリ幕の刺繍を頼みにいきました。いつもお世話になってる宇佐崎の「刺繍のおくむら」さんです。

祭り前なので、祭りはっぴ製作や刺繍の注文で忙しそうです。

社長と相談の結果、屋台は、龍と虎を向かい合わしに。ダンジリは獅子2匹を刺繍してもらうようになりました。

仕上がりは、祭り明けぐらいなのかな?楽しみです。

Img_5036

いつもお世話になってますおくむら社長です。刺繍のことなら是非「刺繍のおくむら」で!

Img_5037

伊達綱の素材も買ってきました。

Img_5024

12mmのロープをホームセンターで調達。房は駅前の手芸屋さん「ダルマヤ」で!

でかいおっさんが、手芸屋に入るのは、とてもはずかしく抵抗があるのです。いつも勇気いります。

では製作風景場面を!

ロープをカットします。カットする前に両端を糸で結んでおきます。

Img_5025

グルーガンで両端を接着処理

Img_5026

金糸入れです。仕事が暇な時に糸と針をもってチクリチクリ!

Img_5028

さー何日かかるのでしょうか?地道で忍耐がいる作業です。肩、思いっきり凝ります。

2008年9月16日 (火)

北細江完成式2

堂々の宮入です!

Img_5158

Img_5161

Img_5164

飾磨名物「台場練り」披露!

Img_5168

Img_5172

白木より、大変重くなってるが、「台場練り」、ちゃんとできてますね!少し気になってました。

鳥居より、背が高い!くぐるのは肩から腕まで落として入ります。しかし、でかいわ!

Img_5177

楼門前です。

Img_5184

露盤です。2年前に新調されました。棒谷雅敏師作です。間近で見たら、でかっ!

Img_5215

Img_5213

ついでに、今回初披露。新調狭間です。露盤と同じく棒谷師作。

Img_5059

Img_5084

Img_5243

Img_5244

本殿前での練りです。

Img_5222

Img_5228

屋台を据え、神事です。

Img_5254

Img_5255

北細江屋台新調に携わった彫刻師、塗り師、大工さんです。

北細江の皆様、屋台完成おめでとうございます。本番もいい祭りをして下さい。

Img_5250

2008年9月15日 (月)

北細江完成式1

昨日の北細江の完成式の模様を!

白木から漆が塗られ金具が付き、やっぱり締まって見えます。しかしでかい!

Img_5070

Img_5058 Img_5061

昇り総才金具の地金具も金が使われています。交互に金、銀はめずらしい。

正隅もカラフルな彩色です。

Img_5099

尻を写した訳ではありません。棒端綱に注目!金糸入りです。

練りだしです。

Img_5104

Img_5107

Img_5112

水切り金具の図柄が、まためずらしい。

一枚は姫路城、あと二枚は道真ゆかりの神社でしょうか?

Img_5057

Img_5080

Img_5090

うーん何なんでしょう?くわしい方お教え下さい。

道中~宮まで画像です。

Img_5137

Img_5138

Img_5151

Img_5155

次回につづく!

2008年9月12日 (金)

復活

先日、ヤマトヤシキにて姫路市主催「高齢者作品展」があった。高齢者の方の絵画、書、盆栽、手芸、工芸等の作品展なのだ。

そこで、こんな作品が展示してあった。

Img_5009

ミニ屋台です。なかなかの出来栄えでした。私のミニ屋台よりスケールが小さいが細部まで手が凝られてました。

隣には、大きなダンジリが!

Img_5007

すごーい!素晴らしい!

一度、この作品を作られたおじいちゃん達と、ミニ屋台作りについて、じっくりお話がしてみたいです。おおい盛り上がるでしょうね!

なんか、この作品を見て、私の消沈しておったミニ屋台作り魂がメラメラ沸いてきました。復活です!

皆さん、長い事お待たせしました。中断しておった「ミニ松原屋台」製作再開いたします。

その模様は、また!  乞うご期待!

復活といえば今日、広報・営業部長○君に、私の営業車の左リヤタイヤがへたってるのを見つけてくれました。(ありがとう!○君)

早速、先輩のお店「ミスタータイヤマンはりま」にいってきました。タイヤの事でしたらここしかないです!

完全のパンクでした。4ミリぐらいのビスがブッすり!

Img_5044

パンク修理となりました。さすがミスタータイヤマンです。仕事がはやい!修理時間5分。Img_5046

全タイヤの空気圧も調整して頂きました。

車を運転してみてびっくり。ハンドル軽ッ!走りも軽ッ!今までが何やったんぐらい!

てな事で、うちの営業車が復活しました。

ミスタータイヤマンありがとうございました!

皆様も、タイヤの事でしたら姫路市市之郷の「ミスタータイヤマンはりま」へ!

気さくな、丸っこい?まさにミスタータイヤマンの社長があなたを待ってます。

2008年9月 7日 (日)

祭りモードSW ON!

ごぶさたです。

白浜地区ではこんな光景が!

Img_5002_2

妻鹿のにっさんに「屋台・だんじり新調」の幕があがってます。

Img_5004

御旅には、妻鹿地区の提灯が、すでに掲げられてます。

Img_5005

宇佐崎公民館と宇佐崎陸橋に「宇佐崎年番」幕が!

いやーテンションあがりますね。

9月14日には、飾磨恵美酒北細江地区が白木屋台から漆塗りが完成し、それに伴い完成式をおこなうそうだ。

また、9月21日?には英賀西浜地区の完成式。そして28日には妻鹿地区の入魂式。

どんどん情報が入ってきてます。

岸和田では、あと1週間もない13日からだんじり祭りが始まります。

おっと、今日の夕食にこんな物がでてきました。

Img_5016

そう、このしろのお寿司!うちの母の手作りです。

早速頂きました。マイウー!これこそ祭りの味!明日ぐらいが、なれてもっとうまくなりそうです。

いやー祭りやね!!もう私の祭りスイッチがとうとう押されてしまいました。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »