« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月16日 (日)

リフォーム?3

いやー長い事更新をしておりませんでした。

私は住んでる校区で役員をしておりまして、年度末で締めの書類をパソコンで作成やら、特にこの校区では、4月6日(日)AM10:00~「市川さくら祭り」というイベントを行うので、連日連夜打ち合わせでてんやわんや状態の日々です。当日までこのような状態がつづくのでしょうね。体がもつかな?とにかく、さくら祭りを楽しみにしている方の為にがんばらねば!!!

皆様も時間がおありでしたら、どうぞ足をお運びください。2号線市川橋通り北西側の市川緑地公園でやってます。

さて今日の紹介はうちのリフォームのつづきです。

クロス張り作業です。うちの広報担当○君の大活躍の場です。私は現場監督かな?

まずはロールになったクロスを同じ長さにカットしていきます。

Img_3638

つぎに専用のりをクロス裏面に塗っていきます。通常はのりつけ機を使うらしいのですが、貼る枚数も少ないので、手作業で塗っていきました。私は段取りがわからず指示されるまま○君の補助作業です。すでに手がのりでベトベトです。

Img_3652

1枚目を貼りました。ぴたっと角をあわし、ブラシでしゅっしゅ!!!きれいです。○君、やっぱり職人です。

Img_3640

2枚目は、重なり合わし、重なった2枚をカットするのです。切り取った上下2枚のクロスをとりローラーをつかって密着させるとあら不思議。継ぎ目がわからない。簡単に切っているが、まず私は絶対出来ないでしょう。これは職人の技です。私がやると、まっすぐ切れないでしょう。

切れたとしても下のクロスが切れてないとか、切る線が2重になるでしょう。これを業界用語で「播但線」というらしい?単線から駅近くで二手にわかれる意味。

またクロス貼りは、時間との戦いなのです。のりが乾いてしまい重なった下のクロスが剥がれなくなるのです。

やっぱりやっぱり○君は職人でした。

Img_3645

Img_3648

○君のおかげでこの素晴らしい部屋ができました。ありがとう!!!

出来上がりです。

Img_3655

2008年3月 5日 (水)

リフォーム?2

リフォーム奮戦記の続きです。

娘も、自分の部屋の改造だから?親父の仕事が不安だから?とにかく手伝ってくれてます。

Img_3595

ボード寸法の幅910㎜のピッチで中の柱を建てていきました。

Img_3614

切断は、この丸鋸です。友人でうちの広報部長○君の提供です。すごい役にたちます。

もうひとつすごい役にたつのが電動のインパクトです。これも○君から。こいつがないとこの仕事はできなかったでしょう。

Img_3586

横の梁のとりつけです。うーんホゾを作るが、狭くなったり深くなったり悪戦苦闘でした。

Img_3617

ここまでの作業で時計は4時。朝から8時間やってる!!1日では無理かな?と思いかけた時に、持つべき者はやっぱり友ですね。広報部長の○君が応援に駆けつけてくれました。

○君は、本業は内装屋さんです。現場の事はよーく知っている。ボードの張り方の指導までうけました。ありがとう○ちゃん!!

Img_3626

私がボード1枚張ってるのに、○君は2枚目に取り掛かってる!!仕事がはやい!!あせる!!!!!!

Img_3624

時計は6時。ボードを両面張り終えようとしております。

Img_3628

ボード貼り終了。後はクロスを貼るだけです。それは当然、○君のお世話になります。

クロスを貼る前の下地処理、パテ埋めです。

Img_3632

○君、家族のお陰で、何とか1日で大工工事が終了しました。時計は8時廻ってました。

12時間の格闘でした。しかし面白かった!!!

次回はクロス貼りです。完成が楽しみ。乞うご期待!!!

2008年3月 3日 (月)

リフォーム?1

兼ねてから、娘たちから、部屋を分けて(将来分けられるよう扉は2つついている。)ほしい要望があった。

大工さんを呼んで作業してもらってもいいのですが、ええい!!!今回はDoItYourselfをやちゃおうかな?しかしミニ屋台は作っても、大きな日曜大工はした事がない。できるのかな?

高さ2470×幅3387㎜の壁だ。

近くのホームセンターで格安材料の寸法を調べてきて、とりあえず図面を書いてみた。

Img_3635

予算は1万5千円に算定(クロス貼り別)できた。やってしまえ!!なんとかなる!!かな?

4月1日(土)材料を買出しにいく。3mもある垂木が車に乗らない。しかし、ちゃんとホームセンターには、そんな人の為に貸し出し軽四トラックが用意してあるのだ。

決行の日の4月2日(日)AM8:00作業にとりかかる。

まずは両側の壁には基本となる柱をとりつける。

Img_3567

最初から問題発生!!!垂木がまっすぐではない。反ってる曲がってる。ど-すんねん!!あらかじめ壁に墨入れしておいたのでその線に沿ってビス止めし、反っている所は材料を蹴りとばしながら修正しビスを打つ。やーや!!上側の反りが修正できない。まーいいか!!

気を取り直し、作業を進めていく。相変わらず反りとの戦いであった。

Img_3569

Img_3571 Img_3574

上側の梁を天井に取り付ける際、またまた大きな問題が!!ビスをうつ天井の下地がいない。梁と同じ方向で下地のベースがはしっている事が判明。両側の梁がしっかりしているし、まだ間に3本の柱と2本の梁ががはいるから大丈夫かな?と勝手な判断でボードアンカーを使い梁を固定する事にする。娘には、あまりもたれないように言っておこう。

Img_3591

ここまで3時間かかった。この格闘記?は次回につづく。

2008年3月 1日 (土)

職人2

この1週間非常に忙しく、屋台製作も出来ず、ネタもなく本ブログも更新できてませんでした。

屋台完成はまだまだ時間がかかりそうです。

今日は、職人シリーズの第2弾!!

一ヶ月程前に、うちのワイフが、ある駐車場に愛車を入れようとしていると、上側の大きな梁に気がつかずゴツンと!! やっちゃいました。やーやー

Img_3519

友人で私のお気に入りブログにリンクさせて頂いています【D-光の釣りつり日記】の社長は鈑金屋さんなのです。早速修理にだしました。光さんは釣りもプロだが鈑金もプロ!!!

上の画像の状態から引っ張って、叩いて、絞って、磨いて、塗って、また磨いて、入庫から5日間ほどで、元通りに。どうこの出来具合、ピッカピッカ!!

Img_3533

うーん光さん、いい仕事します!!毎日ハンマーで叩いてます!!すばらしい職人です!!

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »