« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月23日 (土)

ゴム銃

雪国で紹介しましたひがし親父塾の行事で「親子ゴム銃製作教室」を開催します。

企画言いだしっぺの私が講師をします。その企画を只今準備を進めております。

ゴム銃といえば、昔割り箸を駆使してつくってましたな。しかし今の銃社会?はぜんぜん違う世界になっているみたいだ。(テレビで拝見しました)

作りもぜんぜん違うし、競技会だってあるらしい。インターネットで調べてみると、すごい深いのです。マシンガンのように連射が出来る銃まであるのです。なんか楽しそう!!はまりそう!!

そこで、こんなのが親子で製作して、また楽しめたらと思いやってみる事に!!

あるゴム銃のHPに製作図がありそれを拝借し、既製品の木(材料)で出来るように、はじめての人でも作りやすいように図面を書き直し、試作品を作ってみました。

Img_3522

試作成功です。糸鋸さえ使えればなんとかなりそうです。

行事日は3月9日(日)。 たか講師のnote「で・き・る・か・ナsign03」 notes「サテ・サテ・ホホーンsign03

このフレーズをしっているのは、何歳代までかな?

2008年2月22日 (金)

松原高欄掛け製作4

最後です。虎退治の図の製作です。

Pict0126

虎はどうなってるの?前足はどっちで、胴体はどうむいてるの?

わからないまま、虎の製作にとりかかる!!

Img_3511

!!ニャオーとほえてる虎に似た猫になってしまったdown

出来上がりです。

Img_3512

とりあえず全部でーきたとsign03

四面の図を並べてみました。

Img_3513

高欄掛け貼り絵教室は今日で終わりです。しかし衣装作りはまだまだ続く!!

2008年2月21日 (木)

松原高欄掛け製作3

今日は大鷲退治の場製作です。

Pict0121

鷲の頭はどうなっているのかsign02まあいいかsign03製作開始

Img_3506

出来上がりはこんな感じになりました。

Img_3507

また、マンガチックになってしまったdown

2008年2月17日 (日)

松原高欄掛け製作2

今日は鯉退治です。

Pict0124

Img_3504

前回の蛇(龍?)より鯉さんの方が楽につくれました。

出来上がりです。顔がでかすぎたかな?やはり人物はマンガチックやな!!

アニメ「鬼若丸ちゃんの大鯉退治するぞ」の巻になってしまった。Img_3505

2008年2月15日 (金)

松原高欄掛け製作1

高欄掛けの製作中です。

現松原の屋台の高欄掛けの図柄は、

大巳貴命の大鷲退治、鬼若丸の大鯉退治、赤松円心の大蛇退治、後藤又兵衛の虎退治です。

まずは、この中から大蛇退治に挑戦!!

Pict0123_2

大蛇なんだろうか?龍に見えるのは私だけなのか?

とりあえず作ろう!! 貼り絵教室の始まりです。

Img_3500

大蛇を製作しました。この上に人物が乗っかります。

Img_3501

人物の顔を製作している所です。これに顔を描いていきます。

Img_3503

仕上がりです。いつもマンガチックになってしまいます。

次回につづく。

2008年2月12日 (火)

飾磨栄町屋台

飾磨恵美酒、栄町屋台です。

昭和30年代に大人屋台練りがなくなり、子供屋台に。平成8年に大屋台が新調復活したそうです。

復活した時には、町民は、どれだけうれしかったでしょうね。また役員さんは、準備に何年もかかり、すごい大変だったでしょうね。練り上げた時は、涙もんだったでしょう。

美しい屋根、箱型の総才錺、茶金の伊達綱、派手でなく品がありますよね。

Img_1599

恵美酒の屋台の中で、唯一狭間に彩色を施しています。

Img_1601

2008年2月 8日 (金)

職人

家が建つ!家が建つ!!私の家ではないけれど!!

私の事務所まえに、只今、家なのか店舗なのか建築されてます。

私、小さい時から、建築現場、修理現場、工事現場を見るのがとても好きなのです。物が出来上がっていくのは面白いですよね。飽きないですよね。

時々、NHKなんかで、「○○寺再建」「仏師○○」「修復○○」なんてドキュメントなんかあったもんなら、もう大変。正座して見てしまいますな。

また、そのような現場で、てきぱき働く職人(プロ)に惚れ惚れしてしまいます。

早朝より、鉄骨が満載のトラックが到着。有無もいわさず待ち構えたクレーンが荷卸しの作業。そこで現場職人が鉄骨にロープを掛けつりあげるのだが、やっぱり職人ですな!やじろべーのように釣り合うようにロープをかけていくのです。また上手に吊り上げるクレーンの職人。降ろす場所も建てやすい場所に指示をだす監督さん。最高のチームワークです。

いよいよ組み立て作業です。柱が建った。前の道路では側溝の工事中で、その作業も見逃せない。あっち見てこっち見て忙しい!!

Img_3474

鳶の職人が、まるでサーカス見ているように、巧みに鉄骨の上をチョイチョイと!!

腰につけた、シノつきのレンチでボルト穴をクリクリ!!鉄骨合体!!

無駄な動きがまったく無い。さすが職人です。

Img_3476

完成まで、全工程を見届けてしまうでしょうね。次はどんな作業なの?楽しみ楽しみ!!

こっちの面だけは、足場に覆いはかけないでほしいな・・・

これが、屋台製作現場だったらもっといいですが!!

現在、高欄掛けの製作に入りました。また次回に。

Img_3477

2008年2月 5日 (火)

雪国へ

2月3日(日) 私が所属しております「ひがし親父塾」※の毎年恒例行事であります「スキーツアー」で戸倉に行ってきました。

※ひがし親父塾・・・東小学校現役PTAのお父さん達やOB達が集まり、子供達と一緒に遊んだり、また学校や地域のお手伝いするボランティア活動等を通してお互いの親睦交流を深めていこうと組んだグループです。

スキーツアーですから、スキーをバンバンすべる?のもありだが、この日は、「雪祭り」も開催されており、当塾では、そのイベントの中の「雪だるまコンテスト」を二度参加し、2年連続、最優秀賞を獲得しており、今回も賞をとるべく雪像作りを担当する事に!!

Img_3418

当塾の雪像のテーマは「スフィンクス」に決定。前回はモアイ像でした。

まずは、雪をかき集め作業です。この時点で汗だくです。頭から湯気がでてました。

Img_3431

一時間ほどでこんな形になりました。

Img_3432

仕上げにかかりました。顔がバッハになっている?修正しないと!!

バックには、ピラミッドがないと雰囲気がでないよな?よーしピラミッドも作ってしまうぞ!!

Img_3433

作業時間3時間。もうへとへとです。でも、いい物ができました。

結果発表まで仲間と、とりあえずビールでご苦労さん会を!! 無茶うまーい!!!!

やっぱり作業を終えての一杯と一服は格別のものがありますよね。

Img_3438

そして、結果発表です。

Img_3445

結果は残念でした。惜しくも2位の優秀賞でした。がんばったのですが!!1位の作品は手が込んでいました。来年リベンジです。

でも、賞品がなんと「宍粟牛\8,000相当」すごいど!!!

1位の作品です。すばらしいです。

Img_3440

帰りのバスで、途中休憩に寄ったのが「道の駅 いちのみや」でした。なんとサプライズです。

山崎一宮、伊和神社の須行名地区の屋台が置かれているのです。店舗のとなりが御倉になっていて、いつでも見れるようになっています。

Img_3465_2

Img_3468

この時期に屋台が見れテンションが上がってしまいます。

ミニ屋台も展示してました。

Img_3470

2008年2月 1日 (金)

ご無沙汰

なんだかんだ忙しく更新できませんでした。

ミニ屋台製作はまだ進んでおりません。あせってたら必ず失敗します。ぼちぼち行こうっと!!

以前製作した屋台の紹介です。

木場屋台です。

Img_3414

一番最初に製作したのが木場です。わたしのミニ屋台製作に火をつけた奴です。

この伊達綱は、白のロープを緑に染めました。それも絵の具で炊いて!!苦労しました。

お隣は、現在製作中の松原屋台です。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »