« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月29日 (火)

飾磨御幸屋台4

飾磨御幸屋台のこだわりのつづきです。

新調時は従来通りの総才端がついてましたが、「ザ祭り屋台IN姫路」に出した時に変えた新総才端です。

Img_1616

ピカピカのメッキではなく、艶がありません。紋と同じ感じになっています。ピカピカ電気メッキが主流のなか、がぶづけメッキのような技をあえてつかっているのでしょうか?

通常、ここに飛龍や鷲などがつくのでしょうが、錺が小さな鳳凰?、また金ではない。こんな総才は見た事がありません。斬新やな!!

Img_1627

高欄の作りも、凝っていますよね。「抱き束」を擬宝珠柱にもつ「擬宝珠高欄」というそうです。「蟻組み」という技法を使ってあるそうで、釘を一本も使ってないそうです。

Img_1640

こだわりの結集作 御幸屋台です。御幸らしいですよね。

2008年1月26日 (土)

飾磨御幸屋台3

御幸屋台のこだわりのつづきです。

脇棒受けにこだわりが!!

Img_1623

Img_1626

「象嵌」という技法で、彫刻したものを埋め込む高度な技法です。彫刻師と宮大工がコラボしないとできないものです。

泥台にも!!

Img_1618

「力神」です。よーくみてみると木目がきっちりあわせてあるのです。具体的に言うと力こぶや腹や顔の膨らみにそって木目が等高線のように木目がきっちりあっているのです。すごい技法です。表情もすばらしい。わたし、見とれてしまいました。

Img_1621

Img_1630

まだまだこだわりシリーズはつづくのか?

2008年1月24日 (木)

松原屋台衣装製作1

衣装製作に入りました。

高欄掛けのサイズ決めと図案作成です。これを刺繍できればいいのですが、針仕事は到底できません。貼り絵風に千代紙や色紙をつかって、お正月に飾る羽子板風に仕上げていきます。

Img_3403

仕上がりはこのようになります。写真は以前製作した八家屋台です。狭間製作と塗りをしなければ!!

Img_3406

屋台と壇尻の幕のサイズ決めもしておきました。幕は刺繍屋さんで刺繍をいれてもらう予定です。上の写真の幕のようになります。

Img_3405

以前製作した東山屋台です。後ろは木場屋台です。金具はくすみ老朽化が目立ちます。

えぇ新調か??

Img_3408

2008年1月23日 (水)

飾磨御幸屋台2

御幸屋台紹介の続きです。

Img_1590

正角は龍。また四隅とも図柄がちがいます。彫刻もすごい凝っています。

Img_1589

材質はなんでも樹齢500年程が地中に埋まっていた檜で銘木中の銘木だそうです。「神代檜」と言われるそうです。埋まっていた物なので少し緑掛かった所がみられます。

そんな銘木で、正角と狭間が彫られています。こだわりですね。

写真ではわかりませんが、太鼓打ちの天井にも大きな龍の彫刻がしてあります。

そして、幕にも見えない部分にこだわりが!!裏地に英国シルクバーバリーが使われているそうです。

まだまだこだわりがつづく!!

2008年1月21日 (月)

飾磨御幸屋台

飾磨恵美酒、御幸屋台です。こだわり品のデパートや!!屋台のIT革命や!!(ひこまろ風

屋台紹介の資料がありましたので、それに沿って私も勉強しながら紹介させて頂きます。

祭りの時に配られた「御幸屋台の簡単紹介」より。

Img_1604

播州屋台の中でも、このような屋台は見た事がないです。こだわりの格好、技法をふんだんに取り入れた屋台です。

まず屋根です。屋根の流れるようなライン、水切りの流れるようなラインは御幸独特です。

特に水切りに直線部分がなく「総反り」といわれるそうで、全体的に沿っています。この反りは播州屋台の中でもこの1台だけではないでしょうか?

水切りの下の垂木は総反りですから1本1本それぞれ角度が違うらしいのです。

Img_1614

大工は、姫路の大工ではなく、富山井波の宮大工「野村克巳」氏

彫刻は播州屋台の中でも井波製はありましたが、屋台本体の製作はなかったです。

ちなみに井波製の彫刻は、現宇佐崎や前松原の露盤、狭間だったと思います。

屋根からして、宮大工の技術をふんだんに使っています。御幸のこだわりですね。

この屋台には、まだまだ、こだわりがたくさんあります。各部紹介は次回に続く!!

2008年1月20日 (日)

飾磨清水屋台

飾磨恵美酒、清水屋台です。

緑金の伊達綱がよーくあってますよね。ええなー!!

Img_1591

平成4年新調。飾磨恵美酒の平成新調ラッシュの時かな?屋台大工河野さん製。

昇総才の金具に注目!!珍しい金具です。

Img_1611

真ん中で飛龍?が上からと下からとで向かい合っています。水切りの金具では、龍が向かい合っているのはよく見ますが、昇総才でのこのようなのは見たことがありませんでした。

露盤にも注目!!後ろ面が「因幡の白兎」の図になってます。これも珍しいですよね。

Img_1638_2 

2008年1月19日 (土)

飾磨玉地屋台

2年前のショットです。

飾磨恵美酒神社、玉地屋台です。

Img_1598

平成4年に新調。この屋根のラインは、やはり現代の名工「宮本さん」製です。露盤、狭間、正角の彫刻は同じく現代の名工「大西さん」製です。名コンビ!!

なかなか豪華、華麗で上品な屋台ですよね。

Img_1583

金具では、金メッキが他屋台と比べると白っぽく感じるのは、私だけでしょうか?

上品と感じるのは、この金の色もそう感じさせるひとつかも。メッキの方法が少し違うのかな?

飾磨では、狭間は白木のままです。これを塗ってしまうと飾磨ではなくなってしまいます。

飾磨の伝統であり、こだわりなのかもしれません。

飾磨には、当時松本家、黒田家といわれた名門の彫刻師さんがたくさんおられたそうです。

そんな影響もあるかもしれませんね。

Img_1596

白金と茶金の伊達綱を祭り2日間で変えていた時期もありました。

茶金もよかったの思うのですが、今は見れなくなって少々残念かな。

2008年1月17日 (木)

松原獅子屋台(壇尻)製作15

壇尻の木工作業もファイナルを向かえました。

台車の軸に塗装、棒端綱、引き綱を取り付け作業終了。

Img_3159

松原新調屋台と新調壇尻のツーショット写真です。

Img_3160

次は、それぞれの衣装製作に取り掛かろう!!

2008年1月15日 (火)

松原獅子屋台(壇尻)製作14

獅子屋台から獅子壇尻に変わるアイテムの台車を製作しました。

Img_3150

台車の駒は、素材は桂の木管です。木管の内径と、シャフトの外径を合わす為、パイプと配線同士を圧着するスリーブ端子でカラーを入れました。動きもスムーズです。

出来上がりです。

Img_3152

獅子屋台を台車に載せて獅子壇尻に!!

Img_3151

2008年1月14日 (月)

ドールハウス展示会

今日は、一家総出で総社へいってきました。そう、えべっさんです。

Img_3368

とんどもやってます。締め飾りや古いお守り等を焼いてきました。

Img_3369

このまま帰るのもと思い、姫路の街をぶらぶらする事になりました。

ヤマトヤシキでドールハウスの展示会と即売会があり、ミニチュア技術を盗みにと見てまいりました。

初めて見ました。すごい世界です!! 洋風物、和風物の作品があり、ここまでよく再現できるなと関心してしまいました。カメラ撮影禁止で様子が届けられないのが残念です。

ひとつひとつが既製品ではなく、まったくの手作りです。様々な作品ひとつひとつ見とれてしまいました。おもしろい世界を見せて頂きました。

うーん、わたしも屋台御倉を作ってみようかな!!

もうひとり、このドールハウスに魅せられた人物が?うちの中一の娘です。帰りには、小さなドールハウス「洋風たべもの屋」キットを買ってました。

家に帰って早速楽しそうに作ってました。

お父さんは絶対手伝わんでと言いながら、横目でちらちら。面白そう!!とても気になる!!

やっぱり、ちょっと手伝おうかな?

Img_3370

2008年1月13日 (日)

飾磨北細江屋台

飾磨恵美酒神社の祭りのスナップです。2年前ですが・・・

北細江です。18年5月に新調された屋台です。

でかい!! 下から見上げて露盤が見えない?なんじゃ、このでかさは!!

Img_1580

宍粟の大工さんが作られたそうです。先代屋台のイメージを一新。飾磨恵美酒の中では、間違いなく一番でかいでしょう。このでかさで飾磨の特徴である台場を練る、長時間に渡っての練りができるのだろうかと心配してしまった。

変わった正角がついてました。「虎と鍾馗(しょうき)」だそうです。初めて見た正角の図柄です。灘は一般的な獅子が多いのですが、飾磨はめずらしい正角がついている屋台が多いです。都倉は「あまのじゃく」、御幸は「龍」でも図柄が凝ってます。

正角は、屋台の魔よけみたいなもので、神社でもかならず角にはついてます。獅子や龍、バクなどが一般的みたいです。「虎と鍾馗(しょうき)」も魔よけにつかわれる物らみたいです。長い髭を生やして、中国の官人の衣装を着て剣を持ち、大きな目で何かを睨んでいる図柄です。虎は鍾馗さんの付き物みたいです。

Img_1579

井筒端木口は、大抵、金具物ですが、木の彫刻物がついてます。

Img_1582 

総才端鏡にも木の彫刻物がついてます。

Img_1592

北細江さんの新調屋台のこだわりが見えました。

塗りをして、露盤・狭間をいれ、金具をつけ完成した屋台が楽しみです。

2008年1月12日 (土)

よきスタッフ達

当工房のご愛用の工具です。

Img_2841

この工具箱のほかに、糸鋸盤君や20年間現役ドリルちゃんがおります。

たかミニ屋台工房のワーキングスタッフ達(社員)です。それぞれがいい仕事をしてくれる職人達です。

得に鉄工用直尺と小さい黄色のカッターちゃんは、長年連れ添っている信用のおける奴です。カッターは何本も使ったが、なぜかこいつに落ち着いてしまうのです。まさに当工房の重鎮です。こいつが動かないと他が動きません。

他社員を紹介いたしますと、幕や高欄掛けなど衣装を作る時に手伝ってくれる期間限定社員‘‘うちの嫁’’と、当工房の広報部長、禁煙延期中の○君がおります。○君仕事がんばってくれよ!!

とにかく、いい奴らです。

現在、20年間現役ドリルちゃんが、時々休むようになりました。もう引退かな。仕事ができるボール盤君を雇用を考えてもいいかなと考えております。

2008年1月10日 (木)

松原獅子屋台(壇尻)製作13

正面を飾る鏡作りです。ミニ屋台のより小さいです。

Img_3153

鏡が小さいという事は、そう御幣も小さいということで!!

忍耐作業開始。

Img_3155

カッティングマットを裏返しにしておかないと、表はカッターの傷ででこぼこで、この御幣が切れない。きれいに折れないのです。

Img_3157

忍耐の後は、できあがった達成感で心地いい!!

2008年1月 9日 (水)

松原獅子屋台(壇尻)製作12

屋根と泥台を合体です。ロープ?で締め上げました。

Img_3144

実物は、このように外から締めているのと、柱内側で屋根と泥台をロープでも締めています。(曽根屋台や網干屋台の締め方とおなじ)

太鼓も載せておきました。

Img_3147

全面からです。少々屋根が高いような?もう少しなだらかでもよかった。

Img_3148 

2008年1月 8日 (火)

少年

宮田の少年君がコメントをくれました。擬宝珠はできたかな?

このブログを見てくれていた事も非常にうれしいが、同じようにミニ屋台を苦労しながら作っている人が居たというのが、またうれしいではないか。

おそらく、この少年は、想像するにノートの片隅にたくさんの屋台の絵を書いているのだろう。また製作にあたって何度も何度も屋根の曲線を書いたのだろうな。またまた、いつも頭の中は太鼓がなっているのだろう。

私も、小学生の頃から授業中にもかかわらずノートに屋台の絵をびっしり落書きをしていたな。屋根の曲線も書いていたな。このラインは妻鹿か?これはひがっしゃまや!!なんて。

しかし、15歳でミニ屋台を作るのがすごいよな。知っている限りでミニ屋台を製作しているおっちゃんはいても、少年はいないよな。プラモデルを作る少年も最近では少ない中、一枚の板、棒から屋台を作る少年。関心してしまうな。

ともかく、少年!!ええヤッサこしらえてくれ!!がんばってね!!応援してます。

でも、私や少年のように、ミニ屋台を作っている人は、はたしてどれだけいるのだろうか?

Img_1612

Img_1798

2008年1月 7日 (月)

松原獅子屋台(壇尻)製作11

高欄製作のつづきです。

全面の鳥居は、やっぱり難題でした。3㎜の丸棒にホゾを作るのは泣きそうでした。

夢中になりすぎて、製作過程の写真を撮るのを完全に忘れておりました。

で、出来上がりがこれです。

Img_3141

ようやく、先が見えてきた!!

2008年1月 6日 (日)

松原獅子屋台(壇尻)製作10

高欄廻りの製作です。

基本的には屋台の高欄と同じなのですが、右側は、乗り込む為に、真ん中が切れている。また前には鳥居がついています。

まずややこしそうな右側の高欄から製作しました。上側の架木は難題そう。

上側の丸い架木は、一本の丸棒を曲げることもできず、檜板から切り出し、丸く削りだしました。直径3㎜なので、失敗の連続。この2本を作るのに途中に折れたりなど、2本は廃棄処分に。確立は二分の1でした。やっぱり難題でした。

Img_3138

宝珠柱を立て、難題部品を組み付けてみました。ホッと一服!! うん今年も煙草がうまい。

Img_3139

3㎜の木で前面の鳥居ができるのか??難題炸裂!! 高欄は果たして完成できるのか?

次回へつづく!!

2008年1月 4日 (金)

謹賀新年

閲覧されて頂いて皆様、明けましておめでとうございます。

今年度も、楽しいブログにしたいと思いますので、何卒宜しくお願いいたします。

Img_3268

大晦日からのダイジェストを!

2007.12/31PM5:00 妻の実家でおせち作り・家族親戚大忘年会

Img_3205

2007.12/31PM11:45 松原八幡神社初詣出陣

Img_3211

2008.元旦~2日 親戚一同で宴会を敢行!!食って食って、体調不良。胃腸が?

2008.1/3 AM3:30 帰省中の弟家族がベルギーに帰られるので、家族全員で伊丹空港へ。

AM8:00発成田行きのボーイング777です。あぁ、見送りより、これに乗ってどこかへ旅行にいきたい。空港内では、別れで涙する女性、仕事なのかやたら忙しく携帯をかけているインド人?、これからいかにも旅行にいくぞみたいなセレブ達。しかし芸能人はあわなかった。

Img_3265

ひさしぶりに、間近で飛行機を見てテンション上がる。しかし伊丹は地方空港で日本の飛行機ばかり。まして憧れのジャンボは見れなかった。少々残念かな。

私は、あまりマニアではないが、こんな珍しいマークの日航機はマニアにはたまらないかも?

なつかしい鶴のマークです。

Img_3258

見送りの後、神戸三宮~元町でぶらぶら。

南京町へ。弱った胃腸も治りかけ、おいしいラーメンを食ってきました。この門の右隣のラーメン屋さんです。なんかすごーくうまかった。

Img_3267

最終目的地へ。三宮のユザワヤへ、ミニ屋台の材料を買出しに!!

買った商品がこちら。いい本棒用の檜が手に入りました。また高欄掛け用の布などいい品も買っておきました。

Img_3269

慌しい3日間でした。今日はゆっくりしよっと!!

この3日間で、廻りでは入院されたり、怪我をされて病院にいかれた方が!!

胃腸が弱ったくらいで良かったかも。では!!

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »